クレジットカード現金化によって『信用情報』に傷がつく4つの理由

クレジットカード現金化における情報

『クレジットカード現金化で信用情報に傷ってつくの?』

クレジットカード現金化を行うにあたっての『信用情報』とはクレジットカードやローンを契約するときなどの契約内容や、支払い状況などを記録した個人情報のことです。

そこでクレジットカード現金化で『信用情報』に傷がつくことはあるのかどうかは気になりますよね。

結論からいうと、現金化を行うにあたって『信用情報』に傷はつきます
ただし、必ず傷がつくわけではなく、取ってはいけない行動をとってしまうと傷がついてしまうのです。

そこで今回は『信用情報』に傷をつけてしまう4つの事象や、傷がつかないためにはどうすれば良いかをお伝えしていきます。
是非最後までご覧になり、後悔がないように現金化を行えるようにしましょう。

爽快クール現金化(99.2%)

爽快クール現金化は最短5分でクレジットカード現金化ができる人気現金化業者です。

公式サイトを見る

かんたんキャッシュ(98.0%)

かんたんキャッシュは、創業18年の実績があるクレジットカード現金化サイトです。

公式サイトを見る

インパクト(98.6%)

インパクトは全てが高水準で初めての方でも安心!信頼感抜群な現金化業者です。

公式サイトを見る

ウルチケでは、クレジットカード現金化を推奨していません。
自己責任で利用して下さい。
クレジットカード現金化 爽快クール現金化

1:現金化にあたり信用情報に傷がつく4つの事象

先ほど、信用情報は現金化を行えば必ずつくものではないと説明しました。
それでは何をしてしまうと信用情報に傷がついてしまうのでしょうか。

主に下記の4つが信用情報に傷を与えてしまう要因となります。

  • 支払いを遅延させる
  • 現金化がカード会社にばれる
  • 債務整理を行う
  • 代位弁済を行う

それでは1つずつ具体的に見ていきましょう。

1-1:支払いを遅延してしまう

支払いを遅延することは、クレジットカード現金化以外でもやってはいけないことです。

支払いが遅れると信用がなくなり、支払い能力が欠けていると判断されてしまいます。そのため、遅延を繰り返すと信用情報に傷がつき、最終的にはカードの利用を止められてしまうといったことも起こり得るのです。

1-2:現金化がカード会社にばれる

クレジットカードの現金化はカード会社の規約で違反とされています。
そのためカード会社に現金化がばれてしまうと、会社からの信用がなくなり一時的なカードの利用を停止されることがあります。

最悪の場合、会員資格を剥奪され二度とカードが利用できなくなる強制退会」になる可能性もあるので注意が必要です。

現金化がばれるのは現金化を自力で行った場合に起こりやすいです。
その反面、自力で現金化を行うことにもメリットはあるので、自力でクレジットカードを行うことに興味がある方は下記の記事に詳しくまとめていますので、宜しければご覧下さい。
参考記事:クレジットカード現金化とは?自分でする方法とおすすすめサイト5選

1-3:債務整理を行う

債務整理とは、カードローンの返済が出来なくなった時に裁判所に債務者の財産を清算してもらい、借金を免除してもらうことです。
この時行った債務整理は「金融事故」として記録に残ってしまいます。

こうならないためにも自身の経済状況に合わせた返済スケジュールを立てることが大切です。

1-4:代位弁済を行う

代位弁済とは、債務整理と同様にカードローンの返済が出来なくなった時に、保険会社に代わりに借金を返済してもらうことです。

また代位弁済も「金融事故」として取り扱われるため、信用情報に傷を残してしまう要因になります。

クレジットカード現金化 爽快クール現金化

2:信用情報に傷がつくと起こる4つの恐怖

信用情報に傷がついてしまう要因はわかりましたが、傷がつくと今後の生活にどのような影響を及ぼすかは知っておかなければならないことです。
傷がつくと主に以下の4つの悪影響があなたの身に起こります。

  • ローンが組めなくなる
  • 新しくクレジットカードが作れなくなる
  • 一括請求されカードの利用を停止される
  • ブラックリストに載せられる

これらの悪影響は一時的なものではなく、何年にもわたって影響するものなので決して傷をつけないようにしましょう。

2-1:ローンが組めなくなる

信用情報に傷がつくと、今後ローンを組むことが難しくなります。
何故ならローンを組む際には契約時に必ず信用情報が必要になるからです。

信用情報に傷がついていると、審査時に「この人は支払い能力がないのでは?」と思われ審査で落とされてしまいます。
審査で落とされると当然ローンを組むことができないので、金額の大きい商品を購入する際に現金購入しか選択肢がなくなり、生活に支障をきたすことになるでしょう。

2-2:新しくクレジットカードが作れなくなる

ローンを組むのと同じように、クレジットカードを発行する際にも信用情報は必要になります。
この時にもカード会社によって審査が行われるため、信用情報に傷がついていると審査が通らずカードを作成することが出来ません。

2-3:一括請求されカードの利用を停止される

1-2で述べたように、クレジットカードの現金化はカード会社の規約によって違反とされています。
そのため、カード会社に現金化していることがばれると規約違反として措置がとられます。

カードの一時的な利用の停止だけであればそこまで心配する必要はありませんが、最悪の場合カードを永久的に利用できなくなることがあり強制退会させられるケースがあります。

強制退会させられてしまうと、未払い分の金額を一括請求され全額返済しなければならなくなります。
この時、多額の現金化を行っていると返済ができなくなり、債務整理せざるをえないといったことにもなりかねません。
一度に多額の現金化を行うことは非常に危険なのでやめておきましょう。

2-4:ブラックリストに載ってしまう

実際にブラックリストという名前のリストは存在しないのですが、信用情報は内容によって異なり57年程記録として管理センター(CIC、JICCなど)に管理されます。

従ってその期間は信用情報に傷があるためローンを組むクレジットカードを作成すといったことが出来ません。
永久的に残るものではありませんが、急な出費や費用が必要になったときに現金しか使うことが出来ず、生活に不便を与えてしまいます。

3:信用情報に傷をつけないためにできる対策3選

最低でも5年と長い期間、生活が不便になるためブラックリストに載らないように信用情報を守っていきましょう。

ここまで、信用情報に傷がついてしまう事例と傷がついた後に起こることについて解説していきましたが、しっかりと対策を行うことで傷がついてしまう可能性を大幅に減らすことができます。
現金化を行うにあたって以下の3つを心がけ信用情報を守りましょう。

  • 優良な現金化業者を利用する
  • 支払いを遅延させない
  • 短い期間で何度も現金化を行わない

2章でも述べたように、信用情報は一度傷がついてしまうと数年残ってしまうものなので少しでもリスクを下げられるように対策を行っていきましょう。

3-1:優良な現金化業者を利用する

信用情報に傷がつく原因の1つに、現金化がカード会社にばれてしまうことを挙げましたが、現金化がカード会社にばれるのは自力で現金化を行ったときに起こりやすいです。
理由として自力で現金化を行う場合、商品の購入履歴が残ってしまうからです。

その点、現金化業者は決済代行業者と呼ばれるサービスを契約しており、履歴には決済代行業者の情報が残るだけなのでカード会社に現金化行為がばれにくくなっています。

しかし現金化業者は数多く存在し、中には悪徳業者も潜んでいるので注意しなければなりません。

3-2:支払いを遅延させない

これはクレジットカード現金化においてだけではありませんが、支払いを遅延するという行為は約束を破る行為なので当然信用が失われます。

支払いが遅延してしまいそうな場合などは、分割払いリボ払いに支払い方法を変更し少しでも遅延させないようにしていきましょう。

3-3:短い期間で何度も現金化を行わない

自力で行う場合も業者を通して現金化を行う場合も同じですが、カード会社は利用者の履歴を確認することができるため明らかに同じ商品を何度も購入していたり、同じ業者を利用していたりすると不自然な履歴が残ってしまいます。
そのため頻繁に利用することはなるべく避け、カード会社に不自然だと思われないように気を付けることが大切です。

4:5つの優良現金化業者を教えます

信用情報を傷つけないために現金化業者を利用することをオススメしましたが、先ほど述べた通り現金化業者の中には悪徳業者も数多く存在します。

そこでここまで読んでくれたあなたに、選べば絶対に失敗することのない優良現金化業者をご紹介します。

No.1No.2No.3No.4No.5
業者名爽快クール現金化かんたんキャッシュインパクトスマイルギフトあんしんクレジット
評価
安心感
換金率99.2%98.0%98.6%98.0%99.0%
振込スピード5分3分15分5分5分
レビューレビューを見るレビューを見るレビューを見るレビューを見るレビューを見る
公式サイト公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る

上に挙げた5つの業者は換金率はもちろん、現金が振り込まれるまでのスピードも他と比べて圧倒的に早いです。
また、どの業者も実績があるので安心して取引を行うことができます。

爽快クール現金化

5pt

爽快クール現金化は最短5分現金化ができる人気現金化業者です。安心安全な取引が多くの人に選ばれている理由です
【安心感】→◎
【換金率】→99.2%
【現金化のスピード】→10分
換金率、振込スピード、安心感どれを見ても高水準でした。

レビューサイトへ

公式サイトへ

かんたんキャッシュ

4.5pt

かんたんキャッシュはTOPクラスの換金率を誇るクレジットカード現金化サイトです。
【安心感】→◎
【換金率】→98.0%
【現金化のスピード】→最短3分
業界でも抜群の信頼度は利用者に安心感を感じます。創業18年からなる安定感のあるサービスでリピート率は83%強と自信を持っておすすめできるサイトです。

レビューサイトへ

公式サイトへ

インパクト

4pt

インパクトは最短5分現金化ができる人気現金化業者です。安心安全な取引が多くの人に選ばれている理由です
【安心感】→◎
【換金率】→98.6%
【現金化のスピード】→15分
とにかく高水準で、初めての方が安心して利用できる現金化サイトです。

レビューサイトへ

公式サイトへ

スマイルギフト

3.5pt

スマイルギフト他のサイトより信頼も実績もTOPクラスの老舗サイトです。
【安心感】→◎
【換金率】→98.0%
【現金化のスピード】→5分
業界でも群を抜いた高リピート率を誇っており、とりあえずここに申し込むという人はかなり多いのではないでしょうか。

レビューサイトへ

公式サイトへ

あんしんクレジット

3pt

あんしんクレジットは、今最も安心できるクレジットカード現金化サイトです。
【安心感】→◎
【換金率】→99.2%
【現金化のスピード】→5分
手数料0円、クレーム0件、見積0円、という3つのゼロを掲げて営業しています。最高換金率も高く、満足のいく現金化ができるはずです。

レビューサイトへ

公式サイトへ

上記では5社の優良現金化業者を載せていますが、最もお得に利用できるのが「爽快クール現金化」です。

おすすめポイントは何といっても、圧倒的な換金率でしょう。
99.2%と限りなく100%に近い上にさらにリピーターも8割を超えているため信頼されている業者ということが分かっていただけるかと思います。

クレジットカード現金化 爽快クール現金化

まとめ

一度信用情報に傷がつくと、一生残るものではないものの今後の生活において大きな影響を与えることには間違いありません。

ご紹介した対策は簡単なことばかりで、誰でも対策すれば信用情報に傷をつける可能性を大幅に減らすことが出来るので必ず対策をするようにしましょう。
そして自身にあった現金化を行い後悔のないようにしましょう。

ウルチケでは、クレジットカード現金化を推奨していません。
自己責任で利用して下さい。
売買部
クレジットカード現金化 爽快クール現金化