クレジットカード現金化は違法ではない!4つのリスクと逮捕の原因

クレジットカード現金化 違法

クレジットカード現金化は違法なの?

クレジットカード現金化は違法ではありません

しかし、商品の買取を行わず形式だけの営業を行っている業者は違法の可能性が高いです。

現金化サービス利用者も違法でないと考えられますが、カード会社の利用規約には違反しているので注意してください。

この記事を読むことで、次のことが分かります。

  • なぜ違法ではないと言われるのか
  • 過去に現金化業者が逮捕された理由
  • 現金化業者を利用すると違法になるのか
  • カード現金化を利用する4つのリスク

クレジットカード現金化を利用しようと考えていて、安全性や違法性が知りたいという人向けの記事となっています。

それでは詳しく解説しましょう。

あんしんクレジット(98%)

あんしんクレジットは、クレジットカードの現金化業者で一番安心して利用できるサイトです。

公式サイトを見る

おひさまクレジット(98%)

おひさまクレジットは、クレジッカード現金化業界でも高い換金率98%越えの最強サイトです。

公式サイトを見る

買取くん(98.5%)

買取くんはカード番号聞かないので漏洩の心配なしの超優良クレジットカード現金化業者です。

公式サイトを見る

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

1:クレジットカード現金化が違法ではない理由

クレジットカード現金化のサービス自体は違法ではありません

なぜなら、行っていることは中古品買取ショップやリサイクルショップと同じだからです。

正しく営業してる場合は違法ではありませんが、営業形態によっては違法となってしまう場合もあります。

その理由は、「違法とする線引きがあいまいだから」です。

1-1:違法とする線引きがあいまいだから

クレジットカード現金化が違法にならない理由は違法とする線引き非常に曖昧だからからです。

現金化業者はただ単純に、「商品の買取販売を行なっているだけ」という体制で営業を行なっています。これだけでは、街のリサイクルショップや金券ショップと同じ営業形態です。

違法とする線引きが曖昧というのは、例をあげて説明しましょう。

例1)現金化目的ではなく、新幹線回数券をクレジットカードで購入した。しかし急用ができ、利用しなくなったので金券ショップへ売った。金券ショップは、単純に新幹線回数券を買い取っただけ。

例2)現金化目的で、現金化業者で指定された新幹線回数券をクレジットカードで購入した。購入した新幹線回数券を業者で買い取ってもらい、利用者は現金を受け取った。

例1と例2は、どちらも行なっている事は同じです。
両者とも「カードで購入した新幹線回数券を換金して現金にした」だけです。

違っているのは「現金化目的で利用したかどうか」という「感情の問題」ですが、それ第三者が判断することはできません。

つまり、現金化目的の場合とそうでない場合、この2つの線引きが非常に難しいが為にクレジットカード現金化は違法とされないのです。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

2:クレジットカード現金化業者が逮捕された3つの理由

クレジットカード現金化業者が逮捕された

ネット上でこのような記述を見たことがあるのではないでしょうか?

確かにクレジットカード現金化業者は過去何度か逮捕されています。しかし、クレジットカード現金化の行為そのものが違法認定されたのではないのです。

よくある逮捕の理由は3つあります。

  • 商品の受け渡しをしていなかった
  • 現金化関係なしに脱税していた
  • お金を貸し付けていた

それでは詳しく解説していきましょう。

2-1:商品の受け渡しをしていなかった

クレジットカード現金化は「商品の買取」という名目で行われています。
しかし逮捕された業者は、利用者にカード決済をさせ、そのまま現金を支払っていました。

「商品を買い取った」という名目が無いため、これが「出資法違反」にあたり、逮捕されたのです。

要するに、形式だけの取引だったが為、商品の買取ではなくお金を貸すサービスだと判断されたことが逮捕の理由となりました。

つまり、下記のようなクレジットカード現金化業者は違法の可能性があります。

  • 商品の受け渡しが無い(形式だけのサービス)
  • 何の商品を購入するのかを知らされずカード決済させられる

関連記事:サルでもわかる!カード現金化の仕組みと流れを優しく解説

2-2:現金化関係なしに脱税していた

現金化業者の逮捕には「脱税していた」という理由もあります。

これは単純に、払うべき税金を支払っておらず逮捕されたということです。

よって、「クレジットカード現金化の営業」には焦点が当たっておらず、現金化業が違法であるという裏づけにはならないと言えるでしょう。

2-3:お金を貸し付けていた

クレジットカード現金化業者が逮捕された理由の3つめに「お金を貸し付けていた」ことが挙げられます。

これは、一般人がやってはいけない「貸金業」を無断で行う、いわゆる闇金行為を行ったために逮捕されました。逮捕された業者はクレジットカード現金化業の傍ら、闇金の業務も行っていたということです。

つまり、「クレジットカード現金化を行った」という理由で逮捕されたのではありません

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

3:現金化サービス利用者は違法ではないが利用規約違反

サービス自体は違法ではないと分かったけど、利用する人はどうなの?

クレジットカード現金化を利用しようとしているあなたも、もちろん違法ではありません

しかし、カード会社の利用規約には違反していることは知っておきましょう。

この章では、利用者の違法性と利用規約違反について詳しく解説します。

3-1:法律には違反していない

クレジットカード現金化を利用するあなたは違法ではありません

これまで現金化業者が逮捕された事例はありますが、利用者が逮捕された事例は聞いたことがありません。

ただ、利用者が違法になるという考えもあります

クレジットカードで購入した商品は、お金を支払うまでクレジットカード会社に「所有権」があるという考え方です。お金を支払う前に商品を転売することになる現金化は、「横領罪」や「詐欺罪」に問われてしまう可能性もゼロではありません

3-2:カード会社の利用規約違反

クレジットカード現金化の利用はカード会社の利用規約に違反しています。

三井住友VISAカード会員規約(個人用)6条2項

(省略)また、会員は、現金化を目的として商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を使用して はならず、また違法な取引に使用してはなりません。

引用:三井住友カード

カード会社の利用規約には、上記のように「現金化目的」でクレジットカードを利用してはいけない旨が記載されています。

禁止されている理由は「返済が困難になる可能性があるから」です

クレジットカードには2つの機能があり、本来クレジットカードで現金を借りたい場合にはキャッシング枠を利用します。

  • キャッシング枠(現金を借りれる)
  • ショッピング枠(後払いで商品を購入できる)

本来あるキャッシング枠を利用せず、わざわざショッピング枠をクレジットカード現金化する人は、下記の様な人であると予想できます。

  • キャッシング枠を使い切っている人
  • キャッシングの審査に通らなかった人

上記のような人からは、利用額を返済してもらえない可能性が非常に高いのでしょう。そのため、クレジットカード会社ではクレジットカードのショッピング枠を使った現金化を厳しく禁止行為としています。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

4:クレジットカード現金化利用に伴う4つのリスク

冒頭にて、クレジットカード現金化は絶対に利用してはならないと紹介しました。

違法ではないと判断されたとしても、クレジットカード現金化を利用するのにはリスクがあります

  • クレジットカード利用額の一括返済・強制解約
  • 年利が法定外の闇金融レベルで高い
  • 犯罪・詐欺に遭う可能性がある
  • 債務整理ができなくなる

上記4つのリスクは、知っておかないと絶対に後悔します。詳しく解説するので参考にしてください。

4-1:クレジットカード利用額の一括返済・強制解約

クレジットカード現金化で伴う1つ目のリスクは「利用額の一括返済・強制解約です。

「利用額の一括返済・強制解約」は、現金化の利用がカード会社に発覚した場合に起こる可能性があります。

まず最初に、未返済の利用額を一括で返済する様に請求され、一括返済ができない場合は、クレジットカードが強制解約されるという流れです。

強制解約を実行された場合、不便なだけではなく他料金の支払いができなくなり、信用情報も悪化します。加えて新しくローンを組むことや、クレジットカードの再発行も困難になります。

クレジットカード強制解約による支障は、日常の様々な所で発生してくるでしょう。

4-2:年利が法定外の闇金融レベルで高い

クレジットカード現金化で伴う2つ目のリスクは「年利が法定外の闇金融レベルで高いことです。

一般的な消費者金融での年利は、最高でも20%になります。

年利の上限は「出資法」という法律で決められていますが、クレジットカード現金化はお金を貸しているわけではない為、「出資法」が適用されません

現金化の換金率を実質的な年利として換算した場合、最高100%を超える場合もあります。

この実質年利の高さは闇金融と同等、もしくはそれ以上なのです。よって、普通に消費者金融でお金を借りるよりも損をする事は間違いありません。

4-3:犯罪・詐欺に遭う可能性がある

クレジットカード現金化で伴う3つ目のリスクは「詐欺・犯罪に遭う可能性がある」ことです。

巻き込まれる可能性のある詐欺や・犯罪には次のようなものがあります。

【犯罪】

  • 個人情報の流出
  • クレジットカードの不正利用
  • もっと利用するようにと恐喝

【詐欺】

  • 提示額より少ない金額しか振り込まれない
  • 不明瞭な手数料で振込金額が減額する

クレジットカード現金化業者全てが、上記のような詐欺や犯罪を行う訳ではありません。しかし、数ある業者の中には悪質な現金化業者が息をひそめているのは間違いないです。

クレジットカード現金化を利用すると、このような犯罪・詐欺に遭う可能性は十分あります。

4-4:債務整理ができなくなる

クレジットカード現金化で伴う4つ目のリスクは「債務整理ができなくなる」ことです。

借金には作ってはいけない種類の借金である「免責不許可事由に該当する借金」というものがあります。この借金を作ってしまうと、自己破産ができなくなるのです。

自己破産とは
自己破産とは、多重債務で支払いが困難になった人の借金をゼロにする手続きです。
裁判所に支払いできない状態であることを認められた場合、法律に基づいて実行されます。

参考:アディーレ法律事務所|自己破産とは?

クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当する借金なので、クレジットカード現金化利用すると自己破産できなくなるというリスクを伴います。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

5:違法ではない!リスクを承知でも利用したい場合の5サイト

現金化ランキング

「どうしてもクレジットカード現金化を利用したい…」

利用のリスクを承知の上でクレジットカード現金化業者を利用したいならば、詐欺・犯罪のリスクが少ない安全なクレジット角現金化業者を利用しましょう。

この記事では、ネットから申し込みできる現金化業者を5つ紹介します。どうしても利用したい場合は、紹介する5つのサイトを比較して利用する業者を決めましょう

あんしんクレジット

5pt

あんしんクレジットは、今最も選ばれているクレジットカード現金化サイトです。
【安心感】→◎
【換金率】→98%
【現金化のスピード】→3分
振込スピード、24時間受付、審査なし、リボ払いOKの安心ポイントを売りにしています。
来店は一切不要、スマホさえあれば全国どこからでも申し込み可能です。

公式サイトへ

おひさまクレジット

4.5pt

おひさまクレジットは創業12年で、他のサイトより信頼も実績も断トツで高い老舗サイトです。
【安心感】→◎
【換金率】→98%
【現金化のスピード】→5分
業界でも群を抜いた高リピート率を誇っており、とりあえずここに申し込むという人はかなり多いのではないでしょうか。

公式サイトへ

買取くん

4pt

最低80%保証!
自宅に商品が届く事はありません。
メールのやり取りで簡単完結!
クレジット番号を一切聞きませんので不正利用の心配もなし!
自分で簡単決済♪
【安心感】→◎
【換金率】→80%保証
【現金化のスピード】→5分
買取くんはカード番号聞かないので漏洩の心配なしの超優良なクレジットカード現金化業者です。

公式サイトへ

ファストキャッシュ

3.5pt

ファストキャッシュは、会員数100万に突破という驚愕のクレジットカード現金化サイトです。
【安心感】→○
【換金率】→98%
【現金化のスピード】→3分
ファストキャッシュで初めて現金化すると、「利用金額に応じて5万円がキャッシュバック」という驚きのキャンペーンを開催しています。

公式サイトへ

ギフトキャッシュ

3pt

ギフトキャッシュは、2018年度の契約者数が9,800件を突破したクレジットカード現金化サイトになります。平日の15時以降や、土日祝日も即日で入金確認ができる点は素晴らしいの一言です。
【安心感】→〇
【換金率】→99.2%
【現金化のスピード】→10分
換金率、振込スピード、安心感どれを見ても水準以上でした。

公式サイトへ

当サイトではクレジットカード現金化の利用を推奨していません。利用額を返済できる目途がある場合にのみ利用しましょう。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

まとめ

クレジットカード現金化は違法ではありませんでした。

しかし、クレジットカード現金化を利用するのには4つのリスクがあります。

  • クレジットカード利用額の一括返済・強制解約
  • 年利が法定外の闇金融レベルで高い
  • 犯罪・詐欺に遭う可能性がある
  • 債務整理ができなくなる

カード会社の利用規約にも違反していることから、クレジットカード現金化は、特別な理由が無い限り使わない方が良いです。

AmaGift ギフト券売買の専門サイト