Appleギフト(iTunes)カード2つの使い方!現金化をすれば使い方無限大

Appleギフトカード 使い方

Appleギフトカード(iTunesカード)は、Appleのハードウェアやアクセサリ、アプリ、ゲーム、音楽、映画、テレビ番組、iCloud+のストレージをはじめとした、Appleが展開するサービスや商品全域で使うことができるプリペイドカードです。

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い道は上記の通り様々ですが、使い方は2通りのみ。

①Appleアカウントへ残高チャージをして利用する
②Appleギフトカード(iTunesカード)を売却して現金化する

当記事をご覧の方の中にも、Appleギフトカード(iTunesカード)を自ら購入したのではなく、「貰った」「当たった」という方もいるでしょう。こんな方は無理やりAppleギフトカード(iTunesカード)を使う必要はありません。現金に換金をして自由にさらに利用シーンを増やすこともできるのです!

そこで今回の記事ではAppleギフトカード(iTunesカード)の使い方をはじめ、使い道から注意点、エラーが出た際の対処法まで余すことなく解説します。

初心者から、デジタルには慣れているような玄人の方が見て解決、得する情報まで伝授するのでぜひ最後までご覧ください!

目次

iTunesカード買取 買取ルビー

1:Appleギフトカード(iTunesカード)の使い方は2択

Appleギフトカード(iTunesカード)はとてもシンプルで使い方は「アカウントへチャージ」をして使用します。

この章ではAppleギフトカード(iTunesカード)を残高へチャージして、利用する手順をiPhone、mac、その他Apple製品それぞれ手順を追って紹介しますが、実は無理にAppleギフトカード(iTunesカード)は使い切る必要がないのです。未使用のAppleギフトカード(iTunesカード)であれば譲渡が可能で、専門に買取をしている業者もいるので売却をしてしまえば現金に換金ができ、自由に利用することだってできます。

そこでこの章では単純な使い方だけでなく、換金方法までお伝えをします!

使い方①:Appleアカウントへ残高チャージをして利用する

①AppStoreをタップ(iTunesStoreでもチャージできますが、今回はAppStoreで紹介)
②画面最下部へスクロールをし”アカウントにチャージ”をタップ
③カードタイプでなければ”手動でコードを入力”をタップiTunesカード使い方①

④お持ちのXから始まる16桁のコードを入力し、”コードを使う”をタップ
⑤チャージ完了、AppStoreでチャージ残高を使うか、AppleStoreオンラインで使うか2つの選択肢がこの画面では選べます。
⑥iPhoneユーザーならWalletアプリにも残高が反映されますので、チェックしてみてください。

iTunesカード使い方②

⑦エラーが出てしまうケース

  • Xから始まる16桁のコード番号に誤りがある
  • すでに別のアカウントや自身のアカウントへ登録済みのデジタルコード

時折、チャージをした際にスムーズにチャージができないことがあります。私も経験したことがありますが、大概上記2つが理由です。入力時の誤りであればすぐに解消できますが、後者の登録済みデジタルコードであった場合原因を探るか、譲り受けた方へ連絡をするなど対処しなければなりません。

登録済みエラー

使い方②:Appleギフトカード(iTunesカード)を売却して現金化する

前述している通り、Appleギフトカード(iTunesカード)はその通り使う必要はありません。換金をして現金として幅広い利用ができます。

その方法として私たちウルチケが推奨するのは、Appleギフトカード(iTunesカード)を専門に買取を行う”買取サイト”と呼ばれる存在です。

ズバリ、下記5サイトが買取率、買取スピード、安心感がずば抜けています。

サービス名
初回
換金率
2回目以降入金
スピード
営業時間
S+
最大
99%
95% 最短15分 24時間365日
S+
最大
99%
96% 最短28分 24時間365日
S
最大
99%
96% 最短60分 24時間365日
S
最大
99%
86% 最短50分 24時間365日
S
最大
92%
90% 最短60分 24時間365日

ウルチケではこれらの買取サイトへ実際に買取依頼をして検証しています。会社の忘年会の景品で貰った、プレゼントで貰うといったケースがAppleギフトカード(iTunesカード)は多いです。この場合自身で使う予定がないのであれば、ぜひ買取サイトで換金をして自由にお金として利用してみてください!

関連記事:Appleギフトカード(iTunesカード)買取ランキングTOP5

番外編:Appleアカウントを持っていない方

AppleIDを持っていることがAppleギフトカード(iTunesカード)を使うことができるユーザーのイメージがありますが、実は、AppleIDを持っていない場合でもゲストとして利用することができます。反対にクレジットカードやデビットカードを持っていない方で課金をしたいAppストア内で買い物をしたい場合、Appleギフトカード(iTunesカード)を利用することで便利に利用することができます。

参照記事:https://discussionsjapan.apple.com/thread/10185203?sortBy=best

iTunesカード買取 買取ルビー

2:Appleギフトカード(iTunesカード)の全使い道を大公開

1章ではAppleギフトカード(iTunesカード)の使い方を2つお伝えしましたが、残高チャージ後の”使い道”は全部で7つあります。

音楽や映画のコンテンツの購入、レンタルに使ったり、アプリゲームに課金をしたりと、このような使い方が基本的ではありますが、それ以外にも使い道があり年々利用幅が広がっており、使い道を把握して検討してみてください!

大きく3つ、「ハードウェアの購入」「アプリの購入・課金」「サブスクサービスへの利用」に使い道は別れています。

使い道①:音楽・映画の購入

iTunes store内で音楽を購入することができます。

iTunes storeでは、他のストリーミングサービスよりも最新曲の配信開始が早かったり、取り扱いジャンルが豊富だったりとiTunes内サービスでは最も利用者数が多いのではないでしょうか。私自身iPhoneユーザーで音楽の再生はずっとお世話になっています。

また、iTunes storeでは音楽以外に映画コンテンツも配信されています。こちらも最新作が続々と配信されるので映画好きの方は

Appleギフトカード(iTunesカード)を利用することもありかもしれません。映画の場合購入だけでなく、レンタルも可能なのでぜひ利用してみてください。

使い道②:AppleMusicの課金

今や利用者が急増しているAppleMusic。このサービスはiTunes storeで配信されているほとんどの音楽をサブスクリプションとして聞き放題になる月額のサービスです。月額1,080円の利用料をAppleギフトカード(iTunesカード)では支払うことができます。約1億の音楽を楽しむことができる個人的にもおすすめサービスです!

30日間の無料トライアルからスタートができるのでぜひお試しください。https://www.apple.com/jp/apple-music/

使い道③:iBookStoreで電子書籍の購入

Appleギフトカード(iTunesカード)は電子書籍の購入にも利用することができます。

iPhoneもしくはios製品(対象外製品もあります)内、AppStoreで「iBook」をインストールし、当アプリ内でAppleギフトカード(iTunesカード)のチャージ残高を利用し電子書籍の購入が可能です。

※AppleIDが必須です!

無料で読める電子書籍も数多く、今回Appleギフトカード(iTunesカード)の使い方として紹介していますが、普通にiPhoneユーザーならインストールしておくサービスの一つです!

使い道④:ゲームやアプリの購入・課金

有料アプリの購入、App内課金にもAppleギフトカード(iTunesカード)は使えます!

AppleMusicの利用料金や音楽以外の使い方として最も使用先として多いのがアプリの購入・課金でしょう。

インストール自体は無料のアプリ多いですが、アプリ内課金が主流なので、ゲームじゃないにしても、便利アプリなどの課金に使うことはとてもおすすめな使い道と言えます。

使い道⑤:LINEサービスに課金

Appleギフトカード(iTunesカード)は、チャージをしておくことでLINEの各種サービスに使うことができます。

わざわざLINEサービスを使うためにAppleギフトカード(iTunesカード)をチャージしたいという方は少ないと思いますので、っチャージ残高の使い方に迷っている方におすすめの使い道ですね!

LINEサービスの中でもLINEスタンプはおすすめです!

使い道⑥:ハードウェブの購入

Appleギフトカード(iTunesカード)は、サービス利用に対しての支払いだけではなく、Appleが販売するハードウェア製品の購入の支払いにあてることも可能です。

iPhoneやiPad、MacBookといった王道製品をはじめ、Appleオンランインストアに並んでいる製品はすべてAppleギフトカード(iTunesカード)で購入することができます。

個人的に先日エアタグを購入したのですがおすすめです!

iTunesカード買取 買取ルビー

3:Appleギフトカード(iTunesカード)7つの買い方

もし、まだ手元にAppleギフトカード(iTunesカード)がない方、次はこの章でAppleギフトカード(iTunesカード)の買い方を紹介しましょう。

お伝えしている通りAppleギフトカード(iTunesカード)は使い方はとてもシンプルで使い道も幅広くあります。これから7つの買い方を紹介します。自分にあった買い方を選んでください。

これからAppleギフトカード(iTunesカード)を購入される方は、ぜひ7つ目に紹介する買い方をおすすめします。実は割引価格でAppleギフトカード(iTunesカード)は販売されており、かなりお得に購入することが可能なのです!

買い方①:コンビニやドラッグストアなどの店頭

Appleギフトカード(iTunesカード)は、コンビニやドラッグストアなどの店頭で目にすることが多いですよね!

店頭で販売されている場合大体がレジ付近にあるラックにかかっています。ここからAppleギフトカード(iTunesカード)の額面金額を選び、レジに持っていくことで購入することが可能です。

一番シンプルな買い方であり、入手方法でしょう。

注意すべき点としては2つ。現金でのみの購入になること、そしてバリアブルタイプ(※1)はレジで金額を自分で伝えないといけないことです。

また、稀にコンビニやその他店舗では地域や店舗によって販売されていないケースもあります。詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事:iTunesカードはコンビニで安く買える!2つの種類と利用方法

(※1):バリアブルタイプ:金額が定まっておらず、自分で金額指定を行い購入ができるAppleギフトカード(iTunesカード)のこと。

買い方②:家電量販店

ビッグカメラやヤマダ電機などの大型家電量販店でも、Appleギフトカード(iTunesカード)が販売されています。

家電量販店でもコンビニなどと同じで現金でのみの購入になりますが、レジに持っていくだけで購入が可能です。下記に家電量販店での取り扱い状況をまとめているのでご覧ください。

店舗名商品購入方法
ビックカメラ⚫︎カードタイプ
1,500円/3,000円/5,000円/10,000円/バリアブルカード(1,000円-100,000円の間で1円単位で指定が可能)
現金/デビットカード/ビックカメラ商品券/ビックカメラギフトカード/株主優待券/ビック買取ポイント
ヤマダ電機⚫︎カードタイプ
1,500円/3,000円/5,000円/10,000円/バリアブルカード(1,000円-100,000円の間で1円単位で指定が可能)
現金/クレジットカード/デビットカード/ヤマダポイント
ヨドバシカメラ⚫︎カードタイプ
1,500円/3,000円/5,000円/10,000円/バリアブルカード(1,000円-100,000円の間で1円単位で指定が可能)
現金/クレジットカード/デビットカード/商品券/電子マネー
ケーズデンキ⚫︎カードタイプ
1,500円/3,000円/5,000円/10,000円/バリアブルカード(1,500円-50,000円の間で1円単位で指定が可能)
現金/クレジットカード/デビットカード/電子マネー
エディオン⚫︎カードタイプ
1,500円/3,000円/5,000円/10,000円/バリアブルカード(1,000円-100,000円の間で1円単位で指定が可能)
現金のみ
コジマ⚫︎カードタイプ
1,500円/3,000円/5,000円/10,000円/バリアブルカード(1,500円-50,000円の間で1円単位で指定が可能)
現金/クレジットカード/デビットカード

コンビニエンスストアと同じく店頭購入になるので、現金での購入が基本となります。

買い方③:Apple公式ストア

クレジットカードでAppleギフトカード(iTunesカード)を購入するなら、Apple公式ストアを選びましょう。

こちらのページに飛ぶことですぐに購入が可能です。もちろんクレジットカードでない場合でもApple公式ストアなら購入が可能で、一番安心できる買い方ですね!

店頭などでよく見るAppleギフトカード(iTunesカード)との違いは、物体のないデジタルタイプになっており、購入完了後指定したメールアドレスに16桁のデジタルコードが届きます。

買い方④:amazon・楽天市場

大手ECモールamazonと楽天市場でAppleギフトカード(iTunesカード)が販売されています!

ただし、両者ともに購入制限が決められており、一度に購入できるのはMAXで50,000円までです。この制限は転売を目的とする購入者を出さないために設けられています。もし50,000円以上のAppleギフトカード(iTunesカード)を購入するのであれば、Apple公式オンラインストアから購入する必要があります。amazonと楽天市場両者ともにデジタルコードでの受け取りになるのでカードタイプのものが自宅に届く訳ではありません。指定したメールアドレスへ即日デジタルコードが届き受け取る流れになります。

決済方法は、現金以外にクレジットカードで購入が可能です!

買い方⑤:Kiigo

今回紹介している購入先の中で馴染みのない「kiigo」はApple認定の公式販売店です。

購入できる上限が決められていることがkiigoの特徴で、”1ヶ月間”で購入できる上限金額はMAX50,000円となります。やはりこれ以上のAppleギフトカードを購入する場合、Apple公式オンラインストアでの購入を検討するしかないでしょう。

クレジットカードで購入が可能です。

購入手順:https://www.kiigo.jp/static/CStDispStaticPage.jsp?path=/include_html/how2use/purchase.html

買い方⑥:㊙最大20%引きで購入が可能

ここまで紹介した買い方はすべて額面金額通りの金額で購入する方法でしたが、実はAppleギフトカード(iTunesカード)を割引価格で購入することが可能です。

電子ギフト券(デジタルコード)を個人間で売買ができる、通称”売買サイト”が存在し、この売買サイトではAppleギフトカード(iTunesカード)が割引価格で販売されています。知らない人が多い極秘の購入先です。

おすすめの売買サイトは下記2つで、私が知っている限りで最大20%OFFのAppleギフトカード(iTunesカード)で購入することができます。

iPhone15promax(約16万円)を購入するにしても、仮に10%OFFのAppleギフトカード(iTunesカード)で購入すると、14,000円ほど安く購入ができることになります。Appleギフトカード(iTunesカード)は安く購入することが鉄板です。ぜひ売買サイトで役立ててください。

ただし、クレジットカードでの購入はできず、一度売買サイト上に入金をして利用しなければなりません、クレジットカード購入を希望される方は、定価で購入するしかありません。

iTunesカード買取 買取ルビー

4:Appleギフトカード(iTunesカード)の使い方だけでなく注意が必要!

ここまででAppleギフトカード(iTunesカード)の使い方は大半理解できたはずです。特に難しいこともないのでAppleギフトカード(iTunesカード)は使いやすく便利であることはよく伝わったのではないでしょうか?

しかし、ウルチケにもよく届く質問や問い合わせがあります。よくある質問をまとめたので、Appleギフトカード(iTunesカード)の使い方や使用中に悩んだら当てはまる項目を確認してください。

FAQ①:Appleギフトカード(iTunesカード)登録時に起きるチャージエラー

Appleギフトカード(iTunesカード)は、デジタルコードになっています。一度アカウントへチャージするか、決済のタイミングで16桁のデジタルコードを入力する必要があります。この際にチャージエラーが起きるケースがあります。

  • Appleギフトカード(iTunesカード)が使用済みの場合
  • 入力したコードに誤りがある(小文字やスペースが入っているなども含む)

チャージエラーができる理由は大きく上記2つです。特に前者はウルチケへよく届く内容です。自分で購入したAppleギフトカード(iTunesカード)でない場合に起きやすい例になります。Appleギフトカード(iTunesカード)はどこかで一度登録もしくは使用をしているものであれば、それは使用済みとしてチャージエラーがおきます。一度しかチャージはできないので、他人へ譲渡する目的があるのならば、自身のアカウントへチャージしないように注意しておきましょう。たまに過去にチャージしたコードを再度登録しようとしてチャージエラーが出る方もいらっしゃいます。一度登録したデジタルコードは削除をしておくとよいかもしれませんね!

FAQ②:Appleギフトカード(iTunesカード)でコンビニ支払いはできますか?

コンビニの支払いにAppleギフトカード(iTunesカード)を使用することはできません。

Appleギフトカード(iTunesカード)で決済をするのであれば、チャージをしてオンライン上で使う以外にないのです。

FAQ③:Appleギフトカード(iTunesカード)には有効期限ってあるの?

Appleギフトカード(iTunesカード)に有効期限はありません。部屋の片付けをしていて思い出したかのように出てきたAppleギフトカード(iTunesカード)も使用していなければ、問題なくアカウントへチャージすることができます。

FAQ④:Appleギフトカード(iTunesカード)をPayPayで買う方法はありますか?

PayPayではAppleギフトカード(iTunesカード)を購入することができません。

Appleギフトカード(iTunesカード)だけでなく、amazonギフト券やGoogleplayカードなどのデジタルコードに属するものはPayPayで購入することはできないので注意しましょう。

FAQ⑤:Appleギフトカード(iTunesカード)は返品はできますか?

Appleギフトカード(iTunesカード)は返品できません。

Appleギフトカード(iTunesカード)で購入した商品の返品に対しては、Appleギフトカード(iTunesカード)の残高に返金となります。

FAQ⑥:旧iTunesカードとの違い

2023年5月31日まではAppleギフトカードではなく「iTunesカード」と呼ばれていましたが、この日以降は「iTunesカード」の販売は中止となり、Appleギフトカードと統合されました。

AppleギフトカードはApple製品などのハードウェアの購入に利用できるものでしたが、iTunesカードでは購入できませんでした。統合されたことによりAppleギフトカード(iTunesカード)は使い道が増えました。

FAQ⑦:ApplePayにチャージをすることはできますか?

結論Appleギフトカード(iTunesカード)からApplePayにチャージをすることができません。

iTunesカード買取 買取ルビー

まとめ

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い方はとてもシンプルでした。

今回の記事で紹介した中で、押さえて欲しいポイントは2つ。

  • Appleギフトカード(iTunesカード)は、使うのではなく現金化して使い道をフリーに
  • Appleギフトカード(iTunesカード)を購入するなら「売買サイト」を利用して格安で入手

使い方に迷っている人は特に現金にして、使い道を増やすことをおすすめします。紹介している通り、デジタルコードの買取専門サイトは最大99%で買取をしてもらえるので、ほとんど損することなく現金に換金することができます。店舗があるわけではなく、オンラインで買取依頼、振込で現金を 受け取れるので面倒なことがないのもおすすめできるポイントです。

Appleギフトカード(iTunesカード)の使い方、使い道、購入方法を紹介しました。自分にあった使い方を見つけてAppleギフトカード(iTunesカード)を楽しんでください!

iTunesカード買取 買取ルビー