クレジットカード現金化の『換金率95%以上』が全て嘘である理由

「換金率98%で現金化!」

上記のような換金率を提示している現金化業者を見た事があるでしょうか。

結論からお話しすると、この換金率で現金化がされることは決してありません。

クレジットカード現金化業者での本当の換金率相場は70~90%です。

クレジットカード現金化を行うに当たって、換金率は現金化業者を選択する際に、非常に重要な指標となります。

しかしながら、業者がサイト内で提示している換金率には利用者の目を惹くべく、冒頭のような誇大広告が採用されているケースが非常に多く散見されます。

そこで、今回は以下の3つの項目に沿ってクレジットカード現金化の本当の換金率について徹底解説していきます。

  • クレジットカード現金化の『換金率98%』は全て嘘
  • 【実証済み】本当に換金率が高い優良業者TOP5
  • クレジットカード現金化の換金率を上げる4つの鉄則

これらを通じて、クレジットカード現金化業者の換金率が提示されている金額よりも低くなる理由が分かるようになることはもちろん、本当に高換金率で現金化ができる業者や換金率が上がる秘訣を知る事ができます。

是非、最後までお読みください。

関連記事:クレジットカード現金化が危険と言われる理由~リスクとペナルティ~

amazonギフト券買取 買取大和

1:クレジットカード現金化の『換金率98%』は全て嘘

嘘

冒頭でお話ししたように、クレジットカード現金化業者の「換金率95%以上」の表記は全て嘘です。

その理由は、利用者の流入の基準が換金率であるため誇大広告を行わざるを得ない状況にあります。

最終的な入金額が80%程度になってしまう場合でも、表面上は95%前後で設定しておかないと、他の業者も同様に95%以上の換金率を提示するため、集客に大きな打撃を受けてしまうのです。

実際に利用者側に入金される金額は70~90%が相場です。

目安としては、70%を超えている業者は普通の業者であり、80%以上90%以下の換金率で現金化できれば高い換金率であると言えます。

しかし、実際に利用者に入金される金額、つまり「実質換金率」はサイト内に掲載されていないことがほとんどです。

表記されている換金率よりも低い金額で現金化が行われる理由は以下の3点が挙げられます。

  • 掲載されている換金率はあくまで「最大値」
  • 手数料が引かれることがある
  • 消費税が発生する

現金化業者によっては、取引において発生する手数料などをあらかじめ換金率として差し引いて提示する場合もあれば、申し込みの段階で換金率から差し引く業者も存在するためそれぞれの詳細について把握しておくべきです。

では、1つずつ見ていきましょう。

1-1:掲載されている換金率はあくまで「最大値」

業者がサイト内にて提示する換金率はあくまで最大値であることが非常に多いです。

例を上げると利用金額や利用回数、カードブランド、さらにはその時のレートによっても換金率は上下します。

ex.特定のカードブランドで100万円以上を現金化する場合は、初回に限り換金率98%が適用される

また、サイト内にて小さく「換金率は最大値」や「手数料が後ほど発生する」などの記載をする汚い手口の業者が存在することも確認されています。

もっと酷い場合は、「換金率の更新がされていなかった」「この決済方法では換金率が下がる」などと言われ、換金率が低くなった事例も存在します。

クレジットカード現金化業者を利用する際には予めサイト内の情報をくまなくチェックしておくことはもちろん、利用前に電話問い合わせなどを行って「実際に入金される額」を尋ねておくことをおすすめします。

1-2:手数料が引かれることがある

現金化業者は利益確保のために、手数料を換金率から差し引きます。

例えば、換金率が90%の業者の場合は10%を利益分として差し引きます。

また、クレジットカードの決済手数料や振込手数料がここからさらに差し引かれる場合もあります。

決済手数料では商品代金の3.3~8.0%が、振込手数料では業者が利用する口座と自身が入金に利用する口座が乖離する場合や時間帯によって110~330円が手数料としてさらに差し引かれます。

現金化の際はこれらの手数料も換金率に含まれているかも併せて確認しておくべきでしょう。

関連記事:【確認必須】クレジットカード現金化で発生する4種類の手数料

1-3:消費税が発生する

また、取引の際に購入する商品には当然ながら消費税がかかります。

2023年3月現在、消費税は10%であるため換金率は以下のような計算になります。

ex.換金率が90%の業者で現金化する場合

90%(換金率)-10%(消費税)=80%

80%が実際の換金率になるということです。

現金業者での換金率には、消費税を含まない換金率を提示している業者も存在するため、予め確認しておきましょう。

関連記事:クレジットカード現金化が闇金だと言われる理由|闇金との4つの違い

amazonギフト券買取 買取大和

2:【実証済み】本当に換金率が高い優良業者TOP5

現金化業者での換金率が掲載されている額よりも低くなる要因がお分かりいただけたかと思います。

実質換金率を神経質にこだわるあまり、業者探しに手間取るのは急いで現金を入手したい方に取っては大きな負担になることは間違いありません。

そこで本章では当サイト含め、実際に現金化を行いサイト内に記載されている換金率と入金される実質換金率に乖離が見られなかった現金化業者を5つランキング形式で紹介します。

クレジットカード現金化業者の選択で迷いが生じた方は、これらのサイトを参考にしてみてください。

1位:クレスル

クレスル

オススメ度★★★★★

業界トップクラスの換金率で即現金化が可能です。

また、創業以来お客様のカード/アカウントが利用停止になったことがない点も大きな強み。

現金化が初めての方でも専門のスタッフがしっかりと最後までサポートしてくれます。

手続きはLINE・メールのみでWeb完結するため、面倒な電話連絡が一切無いのも嬉しいですね。

初回換金率90%
2回目以降の換金率85%
振り込みまでのスピード最短5分
営業時間9:00~22:00
(24時間申し込み可能)
手数料0円
現金化可能なカード/アプリクレジットカード全般
AMEX
Diners
PayPay後払い
LINEPay
Paidy
バンドルカード
B/43
キャリア決済全般
Kyash
バンキットカード
ウルトラペイ
Paidy(Apple専用)

【クレスル公式サイトはこちら】

2位:ポスペイ

ポスペイ

オススメ度★★★★★

クレスルと同じく買取式の現金化方法を採用している現金化業者です。

余計な手数料が発生しない点も嬉しいポイントですね。

過去の実績や換金率などからも優良であることがわかります。

初回換金率90%
2回目以降の換金率85%
振り込みまでのスピード最短5分
営業時間9:00~22:00
(24時間申し込み可能)
手数料0円
現金化可能なカード/アプリPaidy
バンドルカード
B/43
Kyash
myac
バンキットカード

【ポスペイ公式サイトはこちら】

3位:即日アリアちゃん

即日アリアちゃん

オススメ度★★★★☆

商品買取式の形態を採用した現金化サイトです。

クレジットカード現金化以外でも、後払いアプリの現金化も可能です。

初回換金率90%
2回目以降の換金率85%
振り込みまでのスピード最短10分
営業時間7:00-22:00
(毎月1日は24時間営業)
手数料200円

【即日アリアちゃん公式サイトはこちら】

4位:バンクレジット

バンクレジット

オススメ度★★★★☆

バンクレジットは買取式のみで現金化サービスを行っています。

取引完了まで同じスタッフが一貫して対応してくれるのも心強い点です。

初回換金率90%
2回目以降の換金率85%
振り込みまでのスピード最短10分
営業時間7:00-22:00
手数料200円

【バンクレジット公式サイトはこちら】

5位:ペイチェン

ペイチェン

オススメ度★★★☆☆

ペイチェンでもクレジットカードや後払いアプリなどを換金することができます。

5,000円から現金化できるのも嬉しい点です。

初回換金率90%
2回目以降の換金率85%
振り込みまでのスピード最短10分
営業時間7:00-22:00
手数料200円

ペイチェン公式サイトはこちら

amazonギフト券買取 買取大和

3:クレジットカード現金化の換金率を上げる4つの鉄則

クレジットカード現金化を高換金率で行う場合には、前章で紹介した優良業者を利用すれば確実に記載通りの額面で現金化する事ができます。

さらに以下の4つの鉄則を把握しておく事で、クレジットカード現金化は安定して高い換金率で現金化する事ができます。

  1. 必ず複数の業者で見積もりをする
  2. 初回キャンペーンを利用する
  3. 決済手数料が安いカードブランドで現金化する
  4. 実際に交渉してみる

これらを現金化前に行うことは業者での手数料を下げることにも繋がります。

では、1つずつ見ていきましょう。

鉄則①:必ず複数の業者で見積もりをする

クレジットカード現金化は、同じ換金率を提示している業者でも実質換金率が変動してくる事があります。

そこで、少しでも高い額面で現金化を行うためになるべく沢山の現金化業者で見積もりを行い、最も高い換金率を提示する業者で現金化を行いましょう。

業者のサイト内から申し込みを行うと、必ず確認の電話があります。

そこでカード決済を行う前に「何円の決済で振込額が何円になるのか」を尋ねてみましょう。

ここで重要なのは、換金率を聞くのではなく決済金額と振り込み金額の両方を確認することで実質換金率を聞き出す事です。

その結果、思っていた額よりも換金率が低かったりスタッフの対応が悪ければ利用を踏みとどまるべきでしょう。

これを実施するだけで低い換金率で損をしてしまうことを回避できる他、悪徳業者に騙されてしまうリスクを軽減する事ができます。

鉄則②:初回キャンペーンを利用する

現金化業者には新規利用者の増加を図るために様々なキャンペーンを実施していることが多いです。

そのようなキャンペーンの1つに「初回利用キャンペーン」が存在します。

複数の業者で見積もりを行うタイミングでキャンペーンが適用されるか、換金率がどれくらい上がるのかを確認しておきましょう。

例えばクレスルの場合、通常換金率85%のところ初回利用に限り換金率を5%アップした90%の換金率で現金化を行う事ができます。

鉄則③:決済手数料が安いカードブランドで現金化する

現金化を行う際、決済手数料が発生する場合があることを1-2で解説しました。

そのため、現金化を行うクレジットカードは決済手数料が低いものを利用しましょう。

カードブランド決済手数料
VISA,MasterCard,AmericanExpress3.24%
JCB,DinnersClub3.74%

上記のように、カードブランドの違いによる決済手数料は微々たるものですが、現金化する額面が大きくなればなるほど決済手数料は大きくなります。

手数料を少しでも減らすことで換金率を高めたい方は、VISA、MasterCard、AmericanExpressのカードブランドでの現金化がおすすめです。

鉄則④:実際に交渉してみる

見積もりを1つ手に入れたならば、それを基準に現金化業者へ換金率を上げる交渉をしてみましょう。

その場で換金率を上げてくれたり、取引完了後に追加で入金をしてくれることがあります。

「〇〇という現金化業者と比較検討をしていて、換金率が高い方での現金化を検討している」といった具合に交渉をしてみるのも一つの手でしょう。

amazonギフト券買取 買取大和

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はクレジットカード現金化業者の換金率について徹底解説しました。

  • サイト内に記載されている換金率で現金化されることは一部のパターンを除いてほとんどない
  • サイト内に記載されている換金率は誇大広告である場合がほとんど
  • 実際に入金される額は手数料などが大幅に引かれた額であるため、事前に確認しておくことが必須
  • クレジットカード現金化前には必ず複数で見積もりをする他、キャンペーンを適用したり決済手数料を抑える条件を確認する

これらのことを意識して満足できる現金化に繋がれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事:クレジットカード現金化を高額でできる5つの優良サイトを紹介

買取大和