amazonプライムの年会費が勝手に引き落とされた時の2つの対処法

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

Amazonプライムの年会費が勝手に引き落とされている

Amazonプライムの無料会員登録した大半の人がこのような経験をしているといいます。

なぜ、ここまでAmazonプライムの年会費で同じ問題が起きるのか。

それはAmazonプライム無料会員の“自動更新”が大きな原因です。Amazonプライムは30日間や6ヶ月間のように、無料体験期間を設けています。この期間が終了すると、通知なく本会員へと自動更新されるのです。だから、「勝手に!」「いつのまにか」年会費が引き落とされてしまうケースが多く発生しています。

そこで今回の記事では、次の今すぐできる2つの対処方法とAmazonプライム会員の良さをお伝えします。

  • 返金方法
  • 自動更新対策
  • Amazonプライムの良さ
格安でamazonギフト券を買うならベテルギフト詳細はこちら

1:Amazonプライムの年会費が勝手に引き落とされた場合の返金方法

Amazonプライムの年会費が勝手に引き落とされた方は、そのまま本会員になってAmazonプライムのサービスを受け続けるしかないというワケではありません。無料体験後に年会費が引き落とされていた場合、返金を受けることができます。

1:返金申請手順

返金申請はとても簡単です。今すぐにでもできます。

まずは、“アカウントサービス”をクリック

amazonプライム年会費勝手に

お問い合わせ方法から“カスタマーサービスに連絡”をクリック

amazonプライム年会費勝手に

下記画像のように入力、“電話”をクリックして返金の旨を伝えれば完了

amazonプライム年会費勝手に

2:全額返金も可能

全額返金が可能な条件は、自動更新後に一度もAmazonプライムのサービスを利用していないことです。

この条件をクリアしているのならAmazonプライムの本会員へと、自動更新後返金申請をしても全額返金されます。また、クレジットカードから引き落としが完了していても返金は可能です。

<ポイント>

返金方法としては、引き落としがかかったクレジットカードへ繰戻され、相殺されます。返金方法は選ぶことができず、この方法1つのみです。

現金で返金を受けることは絶対にできません。

 

1:1度でもプライムのサービスを利用している場合は日割りの金額で返金

自動更新後、一度でもサービスを利用していた場合には日割りで計算された年会費が返金されます。一度利用していても返金が受けられるのはAmazonの優良さを感じますよね。

ちなみに、日割りの計算は1ヶ月325円で計算され、自動更新後から最後にサービスを利用した月で日割りの計算をしているようです。

例)2017年1月に本会員へ自動更新、3月にサービスを利用、5月に返金申請

325円×3ヶ月=975円

3,900円-975=2,925

返金金額 2,925

 

格安でamazonギフト券を買うならベテルギフト詳細はこちら

2:無料体験終了前に知っておく自動更新対策

これからAmazonプライムの無料体験をする方、今無料体験期間中の方は自動更新を対策しておくことができます。Amazonプライム会員になる必要はなく、無料体験期間だけで解除したい方はこの章をしっかり読んで対策をしておきましょう。

1章でお伝えしたように自動更新後の返金は問題なくできますが、正直面倒ではあります。このような手間を取られないように事前対策が重要です。

1:無料体験期間を把握しておく

  • Amazonプライム会員の無料体験期間⇨30日間
  • Amazon studentの無料体験期間⇨6ヶ月

Amazonプライムの無料体験期間は以上の2種類があります。どちらの期間か把握しておくことは大前提です。確認したい場合は、Amazonにログインをすることですぐにわかります。

2:自動更新前に無料体験会員を解除

自動更新がされる日にちを把握しておき、直前に無料体験会員を解除することで年会費が引き落とされることはありません。

トップページより、“アカウントサービス”をクリック

amazonプライム年会費勝手に

”Amazonプライム会員情報の管理“をクリック

amazonプライム年会費勝手に

“会員資格を終了する”をクリック

amazonプライム年会費勝手に

“会員資格を終了する”をクリックで無料体験会員解除完了

amazonプライム年会費勝手に

 

 

1:通知をオンにして更新直前に知らせてもらう

手順は、Amazonプライム会員の解除方法と同じです。違うのは最後だけになります。

amazonプライム年会費勝手に

“更新前にお知らせを受けます”をクリックするだけで、通知をオンにすることが可能です。通知は、自動更新の3日前にAmazonに登録しているメールアドレス宛に送信されます。

特にAmazon studentの無料体験期間は6ヶ月あって、更新日を把握するのは難しいです。だから、Amazon studentの無料体験会員になったらすぐにこの設定を行っておくことをお勧めします。

格安でamazonギフト券を買うならベテルギフト詳細はこちら

3:Amazonプライムは年会費を支払ってでも加入することをおすすめ

私はAmazonプライムの年会費が勝手に引き落とされていた場合、そのままAmazonプライム会員の継続をおすすめします。

なぜなら、Amazonプライム会員の受けられるサービスがお得すぎるからです。私もAmazonプライム会員ですが、一度も退会をしたいと考えたことがありません。特にAmazonを頻繁に利用する方は、Amazonプライム会員の方がお得です。

だから、年会費を支払ってでもAmazonプライムの本会員になることをおすすめします。

1:Amazonプライム12のサービスは格別

オススメする最大の理由は、12Amazonプライム会員が受けることができる豪華サービスです。

  • 配送料・配送オプションが使い放題になる
  • 映画やAmazonプライムオリジナルコンテンツが見放題
  • 最新ヒットソングや人気j-popが聴き放題
  • 無制限で写真を保存しておける自分専用のDriveの利用ができる
  • 注文から1時間で配送でサービス
  • 追加料金なしで最大2人の家族も会員になれる
  • Amazonいらずのボタン注文
  • タイムセールに30分前から参加できる
  • 月に一冊電子書籍が無料で読める
  • Kindle本体が4,000円引きで購入できる
  • 特別取扱商品の手数料も無料
  • 生活用品を定期購入すると安くなる

特に配送料が無料になるのは嬉しいポイントではないでしょうか。通販で買い物をして送料が発生しないとなると店頭で買い物をしているのと同じです。さらに、便利なネットショピングができます。

1つ1つのサービスを詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください↓

Amazonプライム特典を利用して私が本当に感動した特選サービス6選

2:年会費は月額で考えると激安

Amazonプライムの年会費は3,900円ですが、月額に計算し直すと325円です。たった325円で先ほど紹介したサービスを全て受けることができます。これでAmazonプライムの年会費が激安だとわかるでしょう。

例えば、配送料にしてもAmazonプライム会員でなければ1回の注文で360円が発生します。つまり、Amazonプライムの年会費1ヶ月分は、一度の買い物で上回ることができるのです。

Amazonプライムの年会費を使いこなす裏技を知りたい方は下記記事をご覧ください↓

簡単すぎ!Amazonプライムの年会費を1ヶ月で上回る2つの奇策

3:学生は特にAmazonプライムがオススメ

Amazon studentに加入することができる学生は、特に有料会員になることをオススメします。

まず、年会費が1,900円と通常のAmazonプライム会員の半額以下です。だからと言って、利用できるサービスに制限があるわけではありません。むしろAmazon student会員のほうが、メリットが多いのです。

Amazon student会員については下記記事で詳しく紹介しています↓

1人暮らしの大学生必見!Amazonプライムは学生なら半額以下

格安でamazonギフト券を買うならベテルギフト詳細はこちら

まとめ

Amazonプライムへ勝手に自動更新されていた方はこの記事を見てすぐに対処しましょう。

今から無料体験期間を利用する方や、無料体験期間中の方は、2章で紹介した事前対策をしておくことで、後々面倒な返金作業をする必要がなくなります。

通知をオンにさえしておけば、常に把握しておくことはありません。今すぐにでも設定しておくべきです。

格安でamazonギフト券を買うならベテルギフト

コメントを残す

*

業界トップの買取率とリピート率 ギフトグレース