GooglePlayギフトカード全8種類を総まとめ!無料ゲットの手法

GooglePlayギフトカード 種類

「GooglePlayギフトカードにはどんな種類があるの?」
「自分の購入金額に合った種類はあるかな…」

GooglePlayギフトカードは8種類の値段で販売されています。しかし、コンビニなどの店頭で購入できるのは7種類のみです。

コンビニ(現金)ネット(クレカ)
500円×
1,500円
3,000円
5,000円
10,000円
15,000円
20,000円
バリアブル1,500~50,000円100~50,000円

この記事では、GooglePlayギフトカードの金額やタイプについて詳しく解説したのちに、コンビニでは購入できない500円のGooglePlayギフトカードを無料でGETする方法を紹介します。

きっと、あなたに合ったGooglePlayギフトカードの種類が見つかるので、ぜひ参考にしてみてください。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

1:GooglePlayギフトカードの値段は8種類

現在、GooglePlayギフトカードは8種類の値段で販売されています

500円、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、15,000円、20,000円、バリアブルカード

これらを大きく分類すると、金額が指定されているGooglePlayギフトカードとバリアブルカードに分けることができるので、それぞれ解説していきましょう。

1-1:7種の金額指定カード

金額指定のカードは、カードの右上に「1500円」など値段が表記されています。

金額指定のGooglePlayギフトカード

購入できるのは、500円(ネットのみ)、1,500円、3,000円、5,000円、10,000円、15,000、20,000円の6種類ですが、コンビニなどの店頭で購入できるのは1,500円からです。

課金額が決まっている人は、必要な金額に最も近いGooglePlayギフトカードを購入すればよいでしょう。

しかし「どの額面にも近くない…」という人は、次に紹介するバリアブルカードを活用するのがベストです。

1-2:バリアブルカード

バリアブルカードとは、購入する値段を自由に設定することができるGooglePlayギフトカードです。英語のvariable(変化できる)が名前の由来でしょう。 

バリアブルカード

バリアブルカードは、右上の値段が書かてれいる場所が「1,500~50,000」となっており、レジで支払いをするときに購入する金額を1円単位で指定することができます。

このバリアブルカードですが、店頭で購入できるタイプ(カードタイプ)とインターネットで購入できるタイプ(コードタイプ)で、設定できる金額が異なることを知っておきましょう。

バリアブルカードの設定可能金額

カードタイプ⇒1,500円から50,000円で1円単位

コードタイプ⇒100円から50,000円で1円単位(購入先によっては500円~)

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

2:GooglePlayギフトカードの2種類のタイプ

これまでは金額の種類について解説しました。続いてGooglePlayギフトカードの2種類のタイプについて解説しましょう。

GooglePlayギフトカードには、コンビニなどの店頭で購入できるタイプと、インターネットで購入できるタイプの2種類存在しています。

  • カードタイプ(コンビニ等)
  • コードタイプ(インターネット等)

大きな違いは、プラスチック製のカードが付いているかどうかです。それでは、詳しく解説していきましょう。

2-1:カードタイプ

カードタイプのGooglePlayギフトカードとは、コンビニや家電量販店で販売されている、プラスチック製のカードが付いたタイプです。

決済方法購入場所値段
現金、電子マネーコンビニなど提携店舗1,500円~50,000円

カードの裏面には銀色のスクラッチが付いており、その下に16桁から20桁ギフトコードが記載されています。

GooglePlayギフトカードは、このプラスチックのカード自体に価値があるのではなく、コードに価値があるのです。

2-2:コードタイプ

コードタイプのGooglePlayギフトカードは、インターネット上のオンラインショップで購入することができる「コードのみ」のタイプです。購入後のメールや購入画面に16桁から20桁のコードが表示されます。

コードタイプのGooglePlayギフトカード

決済方法購入場所値段
クレジットカード、銀行振込各種オンラインショップ100円~50,000円

購入できるオンラインショップは、「kiigo」や「CODASHOP」があります。

どちらも100円からGooglePlayギフトカードを購入できますが、支払方法は基本的にクレジットカードなので注意が必要です。

具体的な購入手順は、画像付きで解説している記事があるので、参考にしてみてください。

関連記事:GooglePlayギフトカードを購入する全5つの方法と15%割引の裏技

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

3:500円のGooglePlayギフトカードを無料でGETする方法

「500円のGooglePlayギフトカードは現金では買えないのか…」

ここまでしっかり読んだら、上記のように思う人もいるでしょう。

コンビニなどでは500円のGooglePlayギフトカードは購入できず、インターネットで購入するにはクレジットカードが必要なのでした。

そこで、クレジットカードなしの実質無料で500円のGooglePlayギフトカードを手に入れる方法を2つ紹介しましょう。

  • 楽天スーパーポイントで購入
  • おこづかいサイトから交換

それでは解説していきます。

3-1:楽天スーパーポイントで購入

日本最大級のECサイト「楽天市場」では、GooglePlayギフトカードを購入することができます。決済方法はクレジットカードもしくは、楽天スーパーポイントです。

楽天でGooglePlayギフトカードを交換

GooglePlayギフトカードの販売は500円からなので、楽天スーパーポイントが500ポイント貯まっている人は、今すぐに交換することができます

普段から楽天市場で買い物をする人は、知らず知らずのうちに「楽天スーパーポイント」が貯まっているのではないでしょうか。

ポイントを活用すれば、実質無料で500円のGooglePlayギフトカードをゲットすることができます。

3-2:おこづかいサイトから交換

おこづかいサイトやポイントサイトをご存知ですか?

おこづかいサイト

代表的なサイトを挙げると「モッピー」や「げん玉」などがあり、サイト内では、各種方法でポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは、500ポイントからGooglePlayギフトカードに交換できます(サイトによって多少異なる)。

500ポイントならば、メルマガ登録やアンケート回答をすると1日~2日で貯めることができるでしょう。

当サイトでは以前に「モッピー」をフル活用して500円分のamazonギフト券を無料でゲットしました。GooglePlayギフトカードも同じ方法で無料入手できるので、下記記事を参考にしてみてください。

参考記事:モッピーフル活用!2つの方法でamazonギフト券は無料入手可能

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

まとめ

GooglePlayギフトカードの種類について解説しました。最後にポイントを押さえてまとめておきましょう。

  • カードタイプとコードタイプの2種類ある
  • 販売されている金額の種類は8つ
  • 500円は店頭では購入できない
カードタイプコードタイプ
500円×
1,500円
3,000円
5,000円
10,000円
15,000円
20,000円
バリアブル1500~50,000100~50,000

まとめると、上記の図のようになります。自分に合ったGooglePlayギフトカードの種類を見つけて購入してみてください。