UberギフトコードをLINEで送る方法とおすすめ2サイトを紹介

ウーバーギフト ライン

UberギフトカードをLINEで気軽にプレゼントできたら良いと思いませんか?

オンラインギフトカード販売サイトで簡単に安全にLINEで送ることができます。

さらに、おしゃれなカードデザインとメッセージを添えることができたらベストですよね。

本記事ではまだあまり知られていないUberギフトカードのLINEでの送り方とおすすめのオンラインギフト販売サイトを紹介しています。

  • UberギフトコードをLINEで相手に送る方法
  • おすすめオンラインギフト販売サイト
  • オンラインギフト販売サイトで購入できるおすすめのギフトカード

記事の最後には、Uberギフトカード以外にもプレゼントとして最適なデジタルギフトカードをご案内しております。

ぜひ最後までご覧ください。

≫関連記事:Uberギフトカードとは?新しいギフトカードの実態を徹底調査

ギフトジェシー

人気店「ソクフリ」の姉妹サイト。系列店利用歴ありでも初回取引ができる注目店です。

公式サイトを見る

買取タイガー

1/8にOPENしたばかりの買取タイガーは新規99%の高換金率で超話題のサイトです。

公式サイトを見る

買取マンボウ

優良店グループの姉妹サイト。即日買取、高換金率を徹底しているおすすめ安心サイトです。

公式サイトを見る

ギフトジェシー

1:UberギフトコードをLINEで相手に送る方法

スマホ操作

Uberギフトコードを家族や友人にLINEで送る方法は以下の2つです。

  • コードを直接相手に教える
  • オンラインギフトサービスを利用する

どちらも「ギフトコードをLINEで送る」という意味では同じです

違いは「購入したUberギフトカードのコードを共有するかどうか」です。

家族や親友なら問題ないと思いますが、貰ったコードが自分以外も知っているのは少し不安ですよね。

もしかしたら詐欺で使われている可能性もありますからね。

それでは順番に紹介していきます。

1-1:コードを直接相手に教える

購入したUberギフトカードのコードを共有する形で相手に送ることができます。

  • スクリーンショットしたギフトコードをLINEで送る。
  • ギフトコードをコピペしてLINEで送る。

正直手間がかかりますし、そっけない贈り物になってしまいますよね。

また、相手にもよりますがギフトコードを共有することはなるべく避けた方がいいです。

オンラインギフトカードは詐欺に利用されるケースが多いため、ギフトコードは使用者本人だけがわかる方が安全だと言えるでしょう。

1-2:オンラインギフトサービスを利用する

オンラインギフトサービスを利用すれば、受け取り人だけがわかるようにUberギフトカードのコードを送ることができます。

また、オンラインギフトサービスでは好きなギフトカードのデザインを選んでメッセージを添えて送ることができます。

これだと受け取る方からしてもかなり嬉しいですよね。

≫関連記事:【2022年最新】Uberギフトカードの3つの使い方を徹底解説

ギフトジェシー

2:おすすめオンラインギフト販売サイト

男性 腕 いいね

Uber公認でUberギフトカードを販売しているサイトは2つあり、どちらも直接LINEで相手に送ることができます。

ギフトコードはできるだけ共有しない方がいいので、LINEでUberギフトカードを送る場合は以下の2サイトを使うことをおすすめします。

それでは順番に見ていきましょう。

2-1:giftee

ギフティー

  • 額面500~5000円まで選べる
  • カードデザインの幅が広い
  • クレジットカード決済とキャリア決済が使える

gifteeは600点以上のオンラインギフトカードを取り扱う、カジュアルオンラインギフトサービスです。

gifteeで販売しているUberギフトカードは額面500円から選ぶことができます。手数料を考えるとコーヒー1つは注文できますね。とても嬉しいです。

また、世界のクリエイター25人がシーンに合わせて様々なカードデザインを提供しています

購入からプレゼントまでアプリで簡単にできるのでよかったら試してみてください。

❶gifteeに登録する(無料)

❷Uberギフトカードを選択する

❸[ギフトを送る]をタップする

❹額面と枚数を選ぶ

❺カードデザインとメッセージを選ぶ

❻支払い方法を選択し、購入を完了させる

❼購入完了後、LINEでの送付先を選んで、送付する

≫giftee公式サイトはこちら

2-2:Kiigo

キーゴ

  • 額面100~50000で自由に設定できる
  • ポイントが貯まる
  • 会員登録不要

Kiigoは登録不要でデジタルギフトカードの購入ができる使い勝手の良いオンラインギフトカード販売サイトです。

しかし、誰かにUberギフトカードを送る場合は、会員登録(無料)が必要です。

Uberギフトカードは100円から50,000円までの額面を自由に選んで購入できます。

Kiigoはクレジットカードと銀行決済がありますが、利用する度に貯まるポイントを使うこともできます。

❶Kiigoに登録する

❷Uberギフトカードを選択する

❸[ギフト用として購入する]をタップする

❹額面と枚数を選ぶ

❺支払い方法を選択

❻認証リンクを取得してPINコードが発行されたら購入完了

❼送付方法でLINEを選んで完了

≫Kiigo公式サイトはこちら

ギフトジェシー

3:オンラインギフト販売サイトで購入できるおすすめのギフトカード

スマホ ガン見

先ほど紹介したオンラインギフト販売サイトでは、Uberギフトカード以外のも様々なデジタルギフトが購入できます。

Uberギフトカード以外にもLINEで送れて、相手も喜ぶこと間違いなしのおすすめギフトカードがいくつかあります。

  • Appleギフトカード
  • GooglePlayギフトカード
  • Netflixプリペイド・ギフトカード

それでは順番に紹介していきましょう。

3-1:Appleギフトカード

AppleギフトカードはAppleの製品やサービス全てに使用できるデジタルギフトカードです。

Appleギフトカードを使用すれば音楽や動画など様々なコンテンツを体験することができます。

大切な人に贈るととても喜ばれるでしょう。

Kiigoで購入することができ、100円~50,000まで自由に額面を選ぶことができます。

3-2:GooglePlayギフトカード

こちらはAppleユーザーではない方向けです。

GooglePlayギフトカードはアンドロイドユーザー御用達のGooglePlay内のコンテンツに使用できるデジタルギフトカードです

アプリゲームに使うも良し、GooglePlayムービーだけで見れる限定コンテンツもあるのでプレゼントすると確実に喜んで頂けるでしょう。

GooglePlayギフトカードはKiigoで販売しており、額面は500円~50,000円まで自由に選ぶことができます。

3-3:Netflixプリペイド・ギフトカード

NetflixギフトカードはNetflixでのコンテンツ購入に使用できるデジタルプリペイドカードです

Netflixギフトカードを使えば、Netflixにクレジットカードを登録しなくても、Netflixのコンテンツを楽しむことができます

もちろん自分用にも使えますし、話題の作品が気になるけどNetflixに登録していない、クレジットカード登録をしたくないといった方にプレゼントとして贈ることもできます。

gifteeとKiigoどちらでも購入することができます。

gifteeKiigo
2,000円・3500円・5,000円2,000円・3500円・5,000円
ギフトジェシー

まとめ

UberギフトカードのLINEでの送り方を紹介しました。

  • Uberギフトカードはオンラインギフト販売サイトで購入してLINEで送れる
  • gifteeは豊富なデザインを選べる+携帯決済が使える
  • Kiigoはデザインは選べないがエンタメ系ギフトが充実している+選べる額面の幅が広い
  • Uberギフトカード以外にもプレゼントに最適なギフトが多数ある

以上、いかがだったでょうか。

Uberギフトカードはオンラインギフト販売サイトを使うと、簡単にLINEでギフトコードの共有をせず送ることができることがわかりました。

また、Uberギフト以外にも相手に喜ばれるギフトカードを紹介しました。

これを機に大切な人へのプレゼントを検討してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ギフトジェシー
買取ジェシー