amazonギフト券の有効期限は10年!延長する裏ワザと確認手順

amazonギフト券 有効期限

「amazonギフト券の有効期限は何年あるんだろう…」

「どうやったら有効期限を確認することができるの?」

早速回答すると、amazonギフト券の有効期限は種類を問わず10年です。

しかし、2017年4月24日より前に発行されたamazonギフト券の有効期限は1年~3年であり、種類によって異なります。

有効期限の確認はAmazon公式サイトから30秒程度で簡単に行えるので、記事を参考にしながら確認してみてください。もし有効期限が切れていた場合でも、今回紹介する裏ワザを使えば、amazonギフト券の有効期限を復活させられるかもしれません。

それでは、詳しく解説していきます。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

1:amazonギフト券の有効期限は10年

amazonギフト券の有効期限は種類を問わず10年です。

10年のamazonギフト券

ただし、これは2017年4月24日以降に発行されたamazonギフト券に限ります

2017年4月24日以降に発行されたギフト券の有効期限は、券種にかかわらず発行から10年です。

出典:amazonギフト券細則

ここでいう有効期限とは残高が失効する期限なので、Amazonアカウントに登録していても有効期限が適応されることに注意が必要です。

最近amazonギフト券を購入した人は、基本的に有効期限を気にすることなくショッピングを楽しむことができるでしょう。ただし、10年後には確実に期限を忘れてしまっているので、早めに使い切るのがベストです。

2017年4月24日より前に発行されたamazonギフト券の有効期限は、種類によって1年~3年と様々ですので、次の章で解説していきます。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

2:2017年以前のamazonギフト券は有効期限が1~3年

2017年4月24日より前に発行されたamazonギフト券の有効期限は1年~3年です。

分かりやすいよう種類と有効期限、期限開始のタイミングを表にまとめました。

amazonギフト券の種類有効期限期限開始のタイミング
カードタイプ1年購入した時点
Eメールタイプ1年送信された時点
チャージタイプ1年購入した時点
印刷タイプ1年発行された時点
シートタイプ3年発行された時点

上記を踏まえると、2017年4月24日より前に発行されたamazonギフト券で、2019年現在も有効期限が失効していないのはシートタイプのみということになります。

残念ながらそれ以外の種類に関しては、有効期限が切れてしまっている可能性が高いです。その場合は4章を参考にしながら有効期限を復活させましょう。

もし、自分が持っているamazonギフト券がどの種類なのか分からない人は、下記リンクを参考にして確認してみてください。

参考記事:知っていると得する!amazonギフト券の全10種類を徹底解説

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

3:amazonギフト券の有効期限を確認する方法

amazonギフト券の有効期限を確認する方法は2つあります。

  • Amazonアカウントから確認(登録済みの場合)
  • amazonギフト券を確認(未登録の場合)

アカウントに登録済みの場合は、Amazon公式サイト内から簡単に確認することができます。ギフト券が手元にある場合は、有効期限が記載されている可能性あるので確認してみましょう。

それでは2つの方法を解説していきます。

3-1:Amazonアカウントから確認(登録済み)

amazonギフト券を既にAmazonアカウントに登録している場合は、下記の手順で有効期限を確認することができます。

Amazonトップページの「ギフト券」を選択

有効期限確認手順

ギフト券ページの「残高・利用履歴」を選択

有効期限確認手順-2

有効期限ごとのギフト券残高で有効期限を確認

有効期限確認手順-3

アカウントに登録されているamazonギフト券の有効期限を簡単に確認することができました。

3-2:amazonギフト券を確認(未登録)

もし、登録していないamazonギフト券の有効期限を知りたいならば、ギフト券本体を確認してみましょう。

カードタイプ以外のamazonギフト券には、有効期限が記載されています

有効期限の記載があるamazonギフト券

印刷タイプ、メールタイプ、シートタイプのamazonギフト券には有効期限が記載されているので、チェックしてみましょう。

印刷タイプ

注文番号の下に有効期限の記載があります。

メールタイプ

2017年のメールタイプには「アカウントに登録する」の下に有効期限があります。

シートタイプ

ギフト券番号の下に有効期限が明記されています。

amazonギフト券シートタイプ

有効期限の記載がないamazonギフト券

カードタイプとチャージタイプのamazonギフト券には有効期限の記載がありません。

チャージタイプはAmazonアカウントに直接チャージされるため、実体がありません。よって有効期限の確認はAmazonアカウント内でのみ行えます。

カードタイプは、コンビニで購入されたもの、公式サイトで購入したものを問わず、全て有効期限の記載がありません。

そんなカードタイプの有効期限を知る方法は2つあります。

①アカウントに登録してみる

②Amazonのカスタマーサービスに問い合わせする

未登録のままカードタイプの有効期限を知るには、カスタマーサービスに問い合わせるしか方法がありません。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

4:amazonギフト券の有効期限を復活させる裏ワザ

「確認したら有効期限が切れていた…」

上記のような人も諦めなくて大丈夫です!

有効期限の切れたamazonギフト券は、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせすることで、有効期限を1年間延長することができます

この方法が使える条件は次の通りです。

  • 完全に有効期限が切れている
  • 延長が2回目以降でない
  • 過去に問題を起こしたアカウントでない

この条件を満たしていないと成功しない可能性が高いでしょう。

関連記事:実録!amazonギフト券の有効期限を99%延長できた2つの秘策

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

5:amazonギフト券の有効期限についての3つの基礎知識

最後にamazonギフト券の有効期限について、知っておくべき基礎知識を3つ紹介します。

勘違いしている人が多いポイントなので、確認してみてください。

  • 有効期限が開始されるのは発行日
  • 有効期限はコードごとに異なる
  • 最終日の23時59分に失効する

それでは詳しく見ていきましょう。

5-1:有効期限が開始されるのは発行日

amazonギフト券の有効期限はアカウントに登録した日から開始されると思われがちですが、これは間違いです。

正しくは発行日(購入日)から有効期限が開始されます。

  • Amazonアカウントに登録した日から→
  • amazonギフト券を発行(購入)した日から→

よく間違えやすいので、気をつけてください。

5-2:有効期限はギフト券番号ごとに異なる

amazonギフト券は、ギフト券番号ごとに有効期限が異なります。最後に購入したamazonギフト券の有効期限に延びたりすることはありません。

下の図は、別の日に購入した2つのamazonギフト券の有効期限です。

有効期限は異なる

有効期限が異なっていることが、お分かりいただけるでしょう。

ちなみに、自動的に有効期限が早く切れるamazonギフト券から支払いに利用されます

5-3:最終日の23:59に失効

amazonギフト券が有効期限切れで失効するのは、記載されている期限の23:59です。

有効期限の日付中は利用することができるので、ギリギリ間に合った人はAmazonで買い物をすると良いでしょう。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

まとめ

amazonギフト券の有効期限について解説しました。

重要なポイントは「amazonギフト券の有効期限は10年」ということです。
(2017年4月24日より一律10年に延長)

ただし、2017年4月24日より前に発行されたギフト券の有効期限は次の表の通りになります。

amazonギフト券の種類有効期限期限開始のタイミング
カードタイプ1年購入した時点
Eメールタイプ1年送信された時点
チャージタイプ1年購入した時点
印刷タイプ1年発行された時点
シートタイプ3年発行された時点

有効期限が切れてしまったamazonギフト券は1度だけ、1年期限を延長できる可能性があるのでAmazonのカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。amazonギフト券 有効期限

AmaGift ギフト券売買の専門サイト