噂のファクタリングを徹底解説!経営者必見の新しい資金調達方法

ファクタリング

ファクタリングって何だろう?

上記のようにファクタリングについて、詳しく知りたいとお考えではありませんか。

ファクタリングは、保有している売掛債権を売却・譲渡することで売掛金を早期回収することのできるサービスです。企業の課題でもある売掛金の未回収リスクを軽減し、リスクの少ない取引を企業間で行うことができるようになります。

さらに資金調達として活用することもでき、ファクタリングを使って売掛金を早期回収することでキャッシュフローの改善に充てることが可能です。今、中小企業の資金調達方法として注目されている資金調達方法で、実用的かつスピーディに利用することができます。

そんなファクタリングについて今回は詳しく紹介していきましょう。

「今すぐ資金調達をしなきゃヤバイ!」このような状況にある場合には、ぜひファクタリングというサービスを1つの資金調達方法として覚えていってください。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

1:売掛債権の早期現金化!ファクタリング2つの種類

「ファクタリングって何だろう?資金調達に活用できる?」

上記のようにファクタリングについて詳しく知りたいとお考えであれば、この記事でマルっと解決してしまいましょう。

売掛金 仕組み

ファクタリングは、あなたが保有する売掛債権をファクタリング会社へ売却・譲渡することによって売掛債権を早期回収することのできる資金調達方法です。

キャッシュフローの改善に役立てることもでき、銀行融資を受けられなかったベンチャー企業・中小企業・個人事業主でもかんたんに利用することができます。

そんなファクタリングを大きく分けると2つの種類があるのです。2つの種類は同じファクタリングでも、用途が全く異なります。

  • (1)買取ファクタリング
  • (2)保証ファクタリング

これからファクタリングを利用しようかな?とお考えであれば、上記2種類の違いについて理解しておきましょう。さっそく2つの種類について、それぞれ紹介していきます。

1-1:買取ファクタリング

1つ目のファクタリング種類は「買取ファクタリング」です。

買取ファクタリングとは、保有している売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらう(譲渡)方法になります。売掛債権を買取してもらうことで、本来期日前に資金化することのできない売掛金を早期資金化し回収することが可能です。

売掛債権さえ持っていれば誰でも買取ファクタリングを利用することができるので、資金調達方法として活用することができます。

  • 銀行融資を断られた
  • 即日で現金を作りたい
  • 資金繰りを改善したい

上記の様な状況であれば、買取ファクタリングを利用することで資金調達を行うことができます。

また、未来に入ってくる予定の売掛金をファクタリング会社へ譲渡し、その対価として現金を調達できるので「借りない資金調達方法」と言うことも出来るのです。利息や返済のことを気にせずに資金調達方法として活用することができます。

1-2:保証ファクタリング

2つ目のファクタリング種類は「保証ファクタリング」です。

保証ファクタリングによるサービスは、資金調達を目的として利用することはできません。

保証ファクタリングは、売掛金の「未回収リスクを回避」するために活用する方法です。

  • 売掛金を踏み倒されるのでは?
  • この会社ほんとうに大丈夫?

上記の様な場合には、保証ファクタリングを利用することで売掛金の未回収リスクを回避することができます。保証ファクタリングでは、売掛金が返済不能な状況に陥った場合に保証枠内で売掛金の支払いを保証してくれるのです。そのため未回収リスクを回避し、与信審査等の手間を省くことができます。

買取ファクタリングと保証ファクタリングでは、利用する目的が大きく違うのです。あなたのニーズに合わせてファクタリング種類を選ぶようにしましょう。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

2:資金調達なら買取ファクタリング!2つの取引方法

運転資金がショートしそう!?資金調達しないと危ない!

上記の様な場合には「買取ファクタリング」を利用することで、資金調達を行うことができます。そんな買取ファクタリングには2つの取引方法があるのです。

  • (1)2社間ファクタリング
  • (2)3社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、最短即日で誰にもバレずに資金調達ができる方法になります。一方で3社間ファクタリングは、手数料を安く抑えることのできる資金調達コストの安い資金調達方法です。2つの取引方法には、それぞれ特徴があります。

資金調達において、何をもっとも重視するのかで取引方法を選んでみましょう。

2つの取引方法について詳しく解説していきます。

2-1:2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

  • ① 商品・サービスを提供
  • ② 売掛債権で支払い(〇月〇日に支払う約束をする)
  • ③ ファクタリング会社へ申込
    —ファクタリング会社は売掛先の信用力を側面調査—
  • ④ 売掛債権の買取金額を振込
    —売掛先は期日どおりに売掛金を支払う—
  • ⑤ 売掛先から支払われた売掛金をファクタリング会社へ送金

上記が2社間ファクタリングでの取引方法となります。

2社間ファクタリングは、売掛先にファクタリングを利用していると知られる心配が無いのです。利用者とファクタリング会社の2社間で取引をするので、内密に資金調達を行うことができます。さらに2社間で取引をするので、取引手順を短縮化することができるため最短即日で資金調達をすることが可能です。

「今すぐに現金がほしい!」「売掛先に資金繰りが悪いとバレたくない」

上記の様な場合には、2社間ファクタリングを利用することでニーズにあった資金調達を行うことができます。

ただし2社間ファクタリングの場合、3社間ファクタリングと比べるとファクタリング会社が背負う未回収リスクが大きいため手数料は割高に設定されているのです。一般的な2社間ファクタリングにおける平均手数料は10%~25%ほどになります。(2019/11/07 自社調べ)

融資等に比べると手数料は非常に高いので、利用時には十分注意が必要です。

2-2:3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

  • ① 商品・サービスを提供
  • ② 売掛債権で支払い
  • ③ ファクタリング会社へ申込
  • ④ 売掛債権譲渡通知・承諾を得る
  • ⑤ 買取金額を入金
  • ⑥ <支払い期日>直接ファクタリング会社へ売掛金を入金

3社間ファクタリングは上記の手順で取引を行います。3社間ファクタリングを利用するには、売掛先に売掛債権を譲渡する旨を通知し承諾を得る必要があるのです。

3社間ファクタリングは手数料が安く平均1%~5%ほどで資金調達を行うことができます。

ただし、売掛先へファクタリングの利用が発覚することによって「倒産するの?」「資金繰りが悪いんだろうな・・・」というマイナスイメージを与えることとなるのです。最悪のパターンであれば取引を中止される可能性もあります。今後の取引に影響は無いかもよく考え、3社間ファクタリングを利用する際には風評被害についても注意しておく必要があるのです。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

3:ファクタリング5つのメリット・2つのデメリット

ファクタリングを利用することで、メリットやデメリットは無いのか?

ファクタリングを利用する前に、得られるメリットやデメリットを把握しておきたいですよね。ファクタリングには、5つのメリット2つのデメリットがあります。

5つのメリット

  1. 即日現金化が可能
  2. 周囲にバレずに資金調達可能
  3. キャッシュフローを改善できる
  4. 未回収リスクを回避
  5. ブラックでも利用できる

2つのデメリット

  1. 手数料が高い
  2. 悪質な業者が存在する

資金調達方法・資金繰りの改善として役立てることのできるファクタリングですが、もちろんデメリットも存在します。

上記5つのメリットと2つのデメリットについて詳しく紹介していきましょう。

3-1:5つのメリット

ファクタリング5つのメリットについて紹介していきます。

(1)即日現金化が可能

2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先へ通知・承諾を得る必要がないためスピーディに取引することができます。最短即日で資金調達することができ、緊急時にも活用することのできる資金調達方法です。

(2)周囲にバレずに資金調達可能

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社と利用者の2社間で取引を行います。そのため売掛先へファクタリングを行ったことが知られる心配はなく、内密で資金調達することが可能です。さらに周囲にバレず資金調達することができるので、ファクタリング利用後の取引関係に悪影響を与えることもありません。

(3)キャッシュフローを改善できる

ファクタリングをキャッシュフローの改善に役立てることも可能です。売掛債権が多くなると、キャッシュの回りが悪くなります。悪化すると資金繰りが上手くいかなくなり、運転資金がショートする可能性だって中小企業やベンチャー企業では日常茶飯事ですよね。そんな時、ファクタリングを利用することで未来に入ってくる予定の売掛金を早期資金化することができます。早期資金化した売掛金を運転資金に充てれば、キャッシュフローの改善に活用することが可能です。

(4)未回収リスクを回避

ファクタリングを利用することで未回収リスクを回避することができます。買取ファクタリングであれば、売掛債権をファクタリング会社へ譲渡するので売掛先が返済不能な事態に陥っても利用者は売掛金を支払う義務が発生しないのです。さらに保証ファクタリングでも、未回収リスクを回避し確実に売掛金を回収することができます。企業の課題でもある売掛金の回収は、ファクタリングを利用することによって効率的に回収できるようになるのです。

(5)ブラックでも利用できる

ファクタリングを利用するにあたって、もちろん審査はあります。しかし審査の対象となる最も重要なポイントは、売掛先の信用力・返済能力があるかどうかです。売掛先の信用力が審査において重視されるので、たとえ利用者の経営状況が悪い場合でもファクタリングは利用することができます。極端に言うと、ブラックリスト入りしていても利用することが可能です。

3-2:2つのデメリット

2つのデメリットについて紹介していきます。

(1)手数料が高い

ファクタリングの手数料は決して安くありません。銀行融資やカードローンなどに比べれば、圧倒的に高く設定されているのです。便利に活用することのできる資金調達方法ですが、利用時には十分な注意が必要となります。短期間で頻繁に利用してしまえば、手数料分が重荷となりかえって資金繰りが悪くなることも考えられるでしょう。

(2)悪質な業者が存在する

残念なことに、ファクタリング会社の中には悪質な業者が存在します。ファクタリングのサービス自体は、貸金業でもなく売掛債権の譲渡契約です。しかし中にはファクタリングと偽って、貸金業のような運営を行っているヤミ金業者が存在します。そのような業者を利用してしまうと、手数料を高く取られたりファクタリングから抜け出せなくなってしまうのです。ファクタリングを利用する際には、安心して利用することのできる優良ファクタリング会社を利用するようにしましょう。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

4:ファクタリングは危険?見極める5つのポイント

ファクタリングは安全に利用できるサービスなの?

上記のように、ファクタリングサービス自体がブラックもしくはグレーな資金調達方法だと勘違いしている方も多くいます。

しかしファクタリング自体は、国も推奨している資金調達方法です。
(参考:売掛債権の利用促進について|経済産業省中小企業庁

中小企業の資金繰りを改善し、キャッシュフローの流れを良くすることができます。また借入とも違うサービスのため、借りずに資金調達をすることが可能です。

しかし、ファクタリング会社の中には悪質な業者が存在することも事実となっています。悪質な業者を利用して被害者になる前に、悪質な業者を見極める5つのポイントをチェックしておきましょう。

  • 手数料は的確か?
  • 来店を拒まれないか?
  • 契約書は発行してくれるか?
  • 契約書の内容と不一致はないか?
  • 担保や保証人を要求されないか?

上記5つのチェックポイントは、ファクタリング会社を利用する上で最低限チェックしておくべきポイントです。さっそく5つのチェックポイントについて詳しく紹介していきましょう。

4-1:手数料は的確か?

1つ目のチェックポイントは、手数料についてです。

ファクタリングにおける手数料は、明確な相場というものがなく業者が自由に設定することができます。

しかし平均的な手数料というものがあり、2社間であれば25%以内3社間であれば5%前後が目安です。この平均的な目安よりも、異常に安かったり高かったりする場合には利用前に注意する必要があります。特に手数料が異常に安い場合には、契約時に他の部分で費用を請求される可能性があるのです。

「甘い話は無いんだ・・・」と言い聞かせ、平均的な手数料を提示してくるファクタリング会社を利用することをおすすめします。

4-2:来店を拒まれないか?

2つ目のチェックポイントは「来店」についてです。

ファクタリング会社によって、面談が必要・必要でない場合があります。もしも資金調達をそこまで急いでいないのであれば、ファクタリング会社に来社し雰囲気を確認しましょう。悪質な業者は、架空の住所をホームページに掲載している可能性があります。来社しても良いか聞き、異常に拒まれるようであれば注意が必要です。

4-3:契約書は発行してくれるか?

3つ目のチェックポイントは「契約書」についてです。

どんな取引においても言えることですが、契約書は必ず発行してもらう必要があります。たとえ優良な企業との取引でも、何かトラブルがあった場合に契約書がないと何も確認することができなくなってしまうからです。悪質なファクタリング業者は、契約書を発行さえしてくれない場合があります。「契約書を発行しない方が、早く手続きが終わる」などと言い訳してくる会社は、今すぐに利用を中断するようにしましょう。

4-4:契約書の内容と不一致はないか?

4つ目のチェックポイントは「契約書の内容」についてです。

悪質なファクタリング業者は、事前に行っていた内容と契約書の内容を変更することがあります。契約内容に誤りはないか、自分が不利になる契約内容になっていないか確認を行いましょう。

4-5:担保や保証人は要求されないか?

5つ目のチェックポイントは「担保や保証人」についてです。

ファクタリング取引は、売掛債権の譲渡契約であり融資・借入ではありません。そのため、担保や保証人を用意する必要は一切無いのです。もしもファクタリング取引において、担保や保証人を求められるのであれば間違いなく悪質な業者である可能性があります。

担保・保証人を求められたら、ただちに利用することをやめましょう。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

5:【優良認定】おすすめファクタリング会社5選

ファクタリングを利用しよう!でも、どこの会社を使えば良い?

ファクタリングを始めて利用する場合、どのファクタリング会社を利用しようか悩んでしまいますよね。ファクタリング会社もインターネットで探すと100社以上が存在するのです。その中から優良店を見つけるのは、初心者には難しい作業となります。

今回は、初めてでも安心して利用できる5つの優良ファクタリング会社を紹介しましょう。

  • (1)OLTA
  • (2)ビートレーディング
  • (3)日本中小企業金融サポート機構
  • (4)ジャパンマネジメント
  • (5)資金調達プロ

上記5つのファクタリング会社の中でも、圧倒的におすすめなのはOLTAです。

OLTAは忙しい中小企業の社長さんでも実用的に利用することのできるファクタリングサービスを提供しています。最短即日で手数料は最大9%と非常に安いコストで利用することが可能です。

5つのファクタリング会社について詳しく紹介していきましょう。

5-1:OLTA

OLTA

OLTAは「はやい」「かんたん」「リーズナブル」を特徴とし、ネットで手続きが完結できるクラウドファクタリングを提供している会社です。

最短24時間以内に審査が完了し現金化することができます。さらに手数料はすべて込の2%~9%で利用することが可能です。OLTAは独自のAIスコアリングを採用しており、一般的なファクタリング会社よりも資金調達コストを抑えることができます。

スピードと手数料を抑えた取引を行いたいという場合には、OLTAがおすすめです。

5-2:ビートレーディング

ビートレーディング

ビートレーディングは、業界内でも知名度の高いファクタリング会社です。

申し込みから入金まで最短12時間で完了し、必要書類はたったの3点のみで利用することができます。さらにビートレーディングでは、一般的な買取ファクタリングの他にも「診療保証債権ファクタリング」「介護報酬債権ファクタリング」など様々なファクタリングサービスを提供し利用することが可能です。

ビートレーディングのホームページには、ファクタリングに関するコラムも多数掲載されています。情報収集として活用することもでき、有益なファクタリング会社と言うことができるでしょう。

5-3:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、一般社団法人で運営する非営利団体です。

ファクタリング以外にも、事業再生・M&A・事業継承・事業マッチング等の事業を展開しています。非営利団体ということもあり、ファクタリングでかかる手数料は最低限で抑えることが可能です。最短即日~3営業日以内に資金調達することができ、郵送での契約を行うことも出来ます。

5-4:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメントは福岡県に本社を置くファクタリング会社です。九州地方・関東地方の中小企業をサポートしており、最短即日で資金調達することができます。

さらに最低30万円から利用することができ、少額でもファクタリングを利用することが可能です。また、買取ファクタリング以外にも医療報酬債権ファクタリング・介護報酬債権ファクタリングを提供しています。資金調達後には、経営アドバイスを受けることも可能です。資金繰りの改善に大きく役立てることができるファクタリング会社となっています。

5-5:資金調達プロ

資金調達プロ

資金調達プロは、ファクタリング会社ではありません。

資金調達プロは、無料診断フォームから診断を行うと1,000社以上の提携会社から、あなたにぴったりな資金調達先を紹介してくれるサイトなのです。

東証一部上場企業の株式会社セレスが運営しており、安心して利用することができます。

忙しい経営者の方なら、いち早くぴったりな資金調達先が知りたいと思うはずです。資金調達プロを活用することで、情報収集をすることができます。1つの判断材料として、資金調達プロを活用してみると良いでしょう。

amazonギフト券買取 老舗の古物営業許可店 24H営業【買取ボブ】

まとめ

ファクタリングについて詳しく解説してきました。

ファクタリングは、資金繰りの改善・売掛金の未回収リスクを回避する注目度の高い資金調達方法です。銀行融資を受けられない中小企業でも、ファクタリングであれば気軽に資金調達を行うことができます。新しい資金調達方法として覚えておくと、いざとゆう時に活用することができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。