クレジットカードの現金化を絶対にしてはいけない7つの理由

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
クレジットカード現金化

急な現金が必要になったときに、必ず「クレジットカード現金化」というフレーズがネットや看板に出てきます。

クレジットカードの現金化ってよく聞くけどやり方がわからなくて仕組みも理解できない。なんだか怪しい響きですよね。

  • 本当に利用しても大丈夫なのか?
  • クレジットカードが使えなくなったりしないのか?
  • 違法で逮捕されたりしないのか?

ズバリ、結論からお伝えしましょう!クレジットカードの現金化を絶対にしてはいけません。

なぜならクレジットカードの規約に違反しているからです。最悪のケースではカード会社から詐欺罪で訴えられることもあります。

今回は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化してはいけない7つの理由と、実際に利用してみたときのヒドイ内容を公開します。

現金に困ってクレジットカードを現金化しようと考えた皆さまには、こちらの記事を見て踏みとどまっていただきたいです。

1:クレジットカードの現金化とは?!

クレジットカードの現金化と聞いてもわからない方もいますよね。簡単にご説明します。

クレジットカードを現金化する方法には2通りあるようです。

  1. キャッシュバック型
  2. 商品買取型

それぞれ、クレジットカードのキャッシング枠を利用して商品を購入させる仕組みとなっています。

1-1:キャッシュバック型

キャッシュバック型のクレジットカード現金化とは、ショッピング枠を利用してほとんど無価値の情報商材をサイトから購入するのです。

購入した情報商材にはキャッシュバックがある設定にしているので、現金をキャッシュバックさせて現金化が完了になる仕組みとなります。

1-2:商品買取型

商品買取型のクレジットカード現金化とは、ショッピング枠を利用して換金性の高い商品を購入します。

購入した商品を現金化業者が買取、現金が振り込まれる仕組みです。

【換金性が高い商品の一例】

  • ブランド品
  • 新幹線の回数券
  • 電化製品

※商品買取型の現金化の場合、業者が換金性の高い商品購入サイトと買取サイトの2つの自社運営していることがほとんどです。

2:クレジットカードのショッピング枠を現金化してはいけない7つの理由

クレジットカードのショッピング枠を絶対に現金化してはいけない7つの理由があります。

  1. クレジットカードが停止になる可能性
  2. クレジットカードの残金一括請求の可能性
  3. クレジットカード会社から詐欺罪で訴えられる可能性
  4. 今後二度とクレジットカードが作れなくなる可能性
  5. 詐欺サイトに引っかかる可能性
  6. 個人情報が悪用されたり流出されたりする可能性
  7. クレジットカードの支払いができなくなる可能性

それぞれの理由について詳しくご説明しましょう!絶対にクレジットカードの現金化を利用したら後悔します。

2-1:クレジットカードが停止になる可能性

クレジットカードのショッピング枠を現金化すると、クレジットカード会社の規約違反となります。そのためクレジットカードが停止する可能性があるのです。

2-2:クレジットカードの残金一括請求の可能性

クレジットカード会社から利用した金額の残金を一括請求される可能性があります。支払いのサイクルが狂うので、生活に支障をきたす場合があるのです。

【残金一括請求の例】

  • クレジットカードの締日が毎月20日
  • 支払い日は翌月の10日
  • カード利用合計50万円
  • 翌月に支払う予定の金額は10万円

上記条件の場合、クレジットカードの現金化がカード会社にわかってしまった場合、カード利用合計の50万円を一括で即日支払いを命じられるのです。

2-3:クレジットカード会社から詐欺罪で訴えられる可能性

クレジットカードの現金化をカード会社に知られると、最悪のケースは詐欺罪で刑事告訴されます。もし、有罪になれば逮捕されるケースもあるようです。

2-4:今後二度とクレジットカードが作れなくなる可能性

クレジットカードの現金化がカード会社にばれてしまうと、すべてのクレジットカードが作れなくなる可能性があります。クレジットカード会社は「指定信用情報機関CIC」などでつながっているからです。

例えば・・・

今まではVISAカードを利用してクレジットカードの現金化したことがカード会社にばれて解約になったら、その他の「MasterCard」「JCB」「American Express」「Diners Club」も作れなくなります。

2-5:詐欺サイトに引っかかる可能性

クレジットカードの現金化をする業者の中には、詐欺サイトがいくつも存在します。実際にカード決済をして現金を振り込みしないという詐欺です。

カード決済した金額がすべて搾取されるケースがあります。

2-6:個人情報が悪用されたり流出されたりする可能性

クレジットカードの現金化をするサイトに申し込みをするときに以下情報を入力する場合があります。

  • お名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

6項目を入力してしまうと、クレジットカードの不正利用や個人情報を売られることがあるのです。

2-7:クレジットカードの支払いができなくなる可能性

クレジットカードの現金化をすると、支払いがパンクしてしまう可能性があります。たしかにショッピング枠なので利息はありませんが、現金化業者に手数料を支払わなければいけないからです。

例えば・・・

10万円分の商品をショッピング枠で購入して、8万円が現金化される場合

100,000円×80%=80,000円

※クレジットカード現金化業者への手数料が20,000円

ものすごく暴利ですよね。金額が大きくなるにつれていずれはパンクしてしまいます。

3:実録!実際にクレジットカードを現金化するサイトに問い合わせた結果

現金化業者

※イメージ画像となります。

とあるクレジットカード現金化サイトに問い合わせてみました。実際に大きく感じたことが3つあります。

  • ホームページの内容と全然違う
  • 電話対応が悪い
  • やたらと高額の金額を決済させようとする

正直、少し怖かったです。なんとなく危ない人たちが運営しているのではないか?と感じました。

【電話内容】

クレジットカード現金化業者のHサイト

ウルチケ:もしもし、詳しい内容を聞きたいのですがよろしいでしょうか?

Hサイト:はい。

ウルチケ:ホームページにある還元率98%とは、10,000円だったら9,800円が振り込まれるのですか?

Hサイト:手数料すべて差し引かせていただくと、7,500円です。

ウルチケ:それでは75%ではありませんか?ホームページと全然違うのですが。

Hサイト:それなら利用しなければよい話です。

ウルチケ:ちなみにホームページでは5分程度で送金完了とありますが本当ですか?

Hサイト:これからですと、5時間程度での送金となります。

ウルチケ:それもホームページとは違うじゃないですか。なにが本当なのですか?

Hサイト:ホームページに記載されているとおりです。

ウルチケ:そうですが、利用をやめます。

正直な感想は、本当に驚くほど腹が立つ対応でした。 こんな電話対応をされたのは初めてです。絶対に利用したくないと思いました。

3-1:ホームページの内容と全然違う

ホームページ上では・・・

  • 還元率98%
  • 送金完了5分
  • 手数料一切不要

3つの好条件でしたが、実際には・・・

  • 還元率75%
  • 送金完了5時間
  • 振込手数料やその他手数料がかかる

こんなにも差がありました。集客をするために誇大表示をしていたのです。

3-2:電話対応が悪い

電話対応が本当に悪かったです。明確な回答もなくすべての質問に対して、曖昧な言い方なので不安の連続でした。

3-3:やたらと高額の金額を決済させようとする

最初は10,000円の申し込みをする予定で電話したのですが、100,000円以上だとさらに高い還元率になるなどの話をされました。少しでも高額の決済をさせて利益を上げたいのがわかって残念です。

4:クレジットカード現金化業者は過去に逮捕されていた

クレジットカード現金化の業者は過去に2つの会社が逮捕されたケースがありました。

  • 2010年10月に脱税容疑
  • 2011年8月に出資法違反

この2つの会社はどちらも違う会社です。

4-1:2010年10月に脱税容疑

2010年10月に「まごころギフト」などのクレジットカード現金化サイトを運営していたようです。1億3000万円近くの所得を隠していた疑いで刑事告発されています。

4-2:2011年8月に出資法違反

2011年8月に「キャッシュバックス」などのクレジットカード現金化サイトを運営していたようです。約4年間で5億円以上を貸し付けた疑いで逮捕されています。

5:クレジットカード現金化サイトに優良店は存在しない

クレジットカードを現金化する業者に優良店は存在しません。なぜなら2つの理由があります。

  • 闇金業者がやっている
  • 違法ではないが規約に違反している

聞いただけで不安になりますよね。恐ろしい人たちが運営しているイメージしかありませんでした。

5-1:闇金業者がやっている

過去に闇金融をやっていた業者が取り締まりの強化によってクレジットカード現金化に雲枯れしたと言われています。闇金業者のようなモラルがない人たちが運営しているサービスに優良店なんて存在しませんよね。

5-2:違法ではないが規約に違反している

違法ではありませんがクレジットカードの規約に違反しています。完全にグレーな商売と言っていいでしょう。グレーな商売に優良店は存在しませんよね。

まとめ

クレジットカードの現金化は絶対に利用してはいけないとわかりましたか?

たしかに生活をすれば急な現金の出費は必ずあります。困っているからといって仕方なく現金化を選ぶことはやめてください。

銀行やカードローン、消費者金融、知人、友人、親や兄弟に借りる選択肢もあります。

今現在、クレジットカードの現金化を利用するかお悩みの方はこの記事を読んで踏みとどまっていただきたいです。

おすすめのamazonギフト券高価買取サイト紹介

コメントを残す

*

おすすめのamazonギフト券高価買取サイトを紹介