2つの買取方法!amazonギフト券買取なら無店舗型買取を選ぼう

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
amazonギフト券買取方法

amazonギフト券の買取ってどのような買取方法があるのだろう

amazonギフト券の買取方法は次の2つがあります。

  • 金券ショップのような店頭買取をする方法
  • インターネットから申し込みができる買取サイトを利用する方法

ではどちらの買取方法が良いのでしょうか?2つの買取方法は、店舗型か無店舗型かの違いです。無店舗型の買取サイトを利用することがメリットも多くおすすめできます。

この記事では、次の2つの買取方法を紹介します。

  • 店舗型(店頭買取)
  • 無店舗型買取(ネット買取)

また、無店舗型買取を利用した方がいいメリットもお伝えしていきます!ぜひ参考にしてみてください!

1:2つの買取方法

amazonギフト券の買取方法は大きく分けて次の2つがあります。

  • 店舗型
  • 無店舗型

不要なamazonギフト券をお持ちの方はどちらかで買取方法を選ばなければいけません。メリットの多さ、便利さは無店舗型が良いと言えます。それではこの章で買取方法ごとにメリット、デメリットをみていきましょう。

1-1:店舗型買取

店舗型というのは、金券ショップやチケットショップのように店舗にて買取を行う方法になります。 新宿や新橋などの会社が多く分布している地域に多くあるのが特徴です。この中にamazonギフト券を取り扱っている店舗があります。

[こんな方におすすめ]

  • すぐに現金が手元に欲しい方
  • ネット取引が怖い方
  • ネット環境がない方

1-1-1:3つのメリット

  • その場で現金が受け取れる
  • 直接取引で安心
  • 最短5分で審査が終わる

以上の3つが店舗買取のメリットです。現金がその場で受け取ることが可能な点は最大のメリットでしょう。

1-1-2:デメリット

  • 店頭買取をしている店舗まで行かなければならない
  • amazonギフト券取扱の店舗が少ない
  • 営業時間が限られている

デメリットである以上の3つは便利さが半減しているように感じます。家の近くや勤め先の近くにあれば便利ですが、amazonギフト券取扱店舗数が少ないので利用できる方は限られるでしょう。

1-2:無店舗型買取

無店舗型とは、amazonギフト券買取サイトのことを指します。買取サイトの方が、メリットが多く、便利なので利用をおすすめします。

[こんな方におすすめ]

  • 夜中でも申し込みをしたい
  • 動きたくない
  • 買取率を高く買い取って欲しい

1-2-1:メリット

  • 24時間営業
  • 全国どこからでもネット申込OK
  • 買取率が高い
  • 店舗数が多く選べる
  • どのamazonギフト券タイプでもOK

楽に買取を申し込めるメリットが目立ちますね。amazonギフト券買取サイトはいくつもあり、いろいろな買取サイトと比較ができる点は重要でしょう。

1-2-2:デメリット

  • 正常に取引ができるか、不安
  • 振込手数料がかかることも
  • 時間がかかる可能性がある

この3つのデメリットが無店舗型買取にはあります。しかし、買取サイトのデメリットは全て解決することも可能です。

  • 優良店を選ぶコツ
  • 手数料が発生しない買取サイト
  • 最短5分で入金される買取サイト

この3つを知っておけば、全て解決することができるのです!

詳しくはこちらの記事を参考にしましょう!

2:無店舗型買取を選ぼう!

1章で2つの買取方法の大部分をみてきました。やはり、メリットが多い無店舗型買取の方が魅力的だったでしょう。まず店舗数が少ないことで、利用できない人の方が多い店舗型買取。必然的に、無店舗型買取を利用するしかないとも言えます。この章では、無店舗型買取のメリットをもっと詳しく説明します。そして比較してみます!

2-1:買取率が高い

買取率はお持ちのamazonギフト券の金額によりますが、80%~90%です。買取サイトでは1,000円~買取が可能で、この場合でも80%程の買取率で買取ができます。店頭買取だと、基本10,000円~の買取です。そして、10,000円未満の買取をお願いするなら70%の買取率になります。これなら現金に換えずに、amazonで商品購入をしたほうが良いでしょう。

2-1-1:店舗コストがかからない

無店舗型になるので、店舗コストを抑えることができます。この点からも買取率が高い理由が伺えますね。店舗型の特徴として、amaozonギフト券以外にも多くの種類の金券やチケットを買取します。買取サイトはamazonギフト券のようなギフト券を専門としているので買取率を高くできるのでしょう。

2-1-2:振込手数料がかからない買取サイトを選ぼう

買取サイトとの取引では、買取金額が銀行振込になります。この振込みの際に発生する手数料がお客様負担の買取サイトがあるのです。ですから、買取率と口座に振込まれる金額が違ったと思う方もいます。振込手数料はどちらが負担なのか確認してから申し込みをしましょう。買取の際にかかるすべての手数料を負担してくれる買取サイトも多くあります。こういった買取サイトを選ぶのも大事なポイントです。

2-2:どこからでも申込OK

自宅・会社にいながらでも簡単に申し込みができるので便利さを感じます。

  • ネット環境があること(スマホ・PC)
  • 身分証明証
  • amazonギフト券

この3つが揃っていれば、その場で申し込むことが可能です。いきなり申込をするのではなく、一度電話かメールで買取率やいつ振込まれるのかを確認しましょう。

2-3:24時間買取・振込OK

365日24時間営業している買取サイトがほとんどです。つまり、深夜であっても朝一であっても申込~入金までがいつでも可能になります。もちろんお問い合わせもOKです。一般の普通銀行であれば、15時以降振込がされても翌日の反映となります。これを解決する方法としてネットバンクを使うのです。これで24時間買取可能になりますね。ネットバンクとは以下のような銀行です。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBI銀行

他にも多数ありますが、amazonギフト券の買取サイトは以上4つから選ぶと良いでしょう。

2-3-1:店舗型は営業時間が限られている

店舗型の店頭買取を行う業者は、営業時間が定められています。営業が終了すると翌営業日に、店舗まで来なければなりません。また、営業時間は仕事でなかなか行けるタイミングがないものです。買取サイトなら、24時間申込OKな上に、どこからでも申し込みができます!

3:amazonギフト券の取り扱いが少ない店舗型買取

1章、2章でも少し触れた店舗型買取のデメリット

  • amazonギフト券の取り扱いが少ない

東京に5店舗あるだけで、東京以外にはほとんどありません。つまり、他県の方はamazonギフト券の買取は、買取サイトを使うのが主流になっています。

3-1:2つの理由

なぜ、店頭買取をしないのかは、次の2つの理由がありました。

  • 判断が難しい
  • 有効期限がある

この2つの理由を詳しく説明します。

3-1-1:判断が難しい

使用済みのamazonギフト券なのかを店頭で判断するのが難しいために買取を行っていないのです。amazonギフト券には、ギフト券番号が一枚一枚にありますよね。アカウント登録済みであるかどうかを判断するには、ギフト券番号をアカウント登録する必要があるのです。このギフト券番号は、一度アカウント登録してしまうとギフト券番号が無効なものとなります。これが1つ目の理由です。

3-1-2:有効期限がある

金券ショップやチケットショップでは、有効期限があるものを基本買取しません。買取をして、そのamazonギフト券を有効期限以内に売り切ることができなかったら、ショップは損をしてしまいますよね。有効期限があるamazonギフト券を買い取るには、このようなリスクがあるのです。店頭買取ができても、有効期限があるために金券より安い買取率であることは仕方ありません。

3-2:関東以外にほとんどない

amazonギフト券の取り扱い店舗が少ないというのは、47都道府県に1店舗ずつもないということになります。全国でも10店舗もないのではないでしょうか。そのほとんどが都内を中心とした、関東にあります。

3-2-1:都内に5店舗

amazonギフト券取り扱い店舗は、都内に5店舗あります。金券ショップなどが特に多い地域に1店舗ずつといった感じです。

  • アマゾンギフト新宿西口店
  • 得々市場 小岩店
  • チケット浜松町
  • チケット秋葉原
  • チケットのさくらや 新橋

店舗型の買取方法を好むのなら、上記5つの店舗まで行きましょう!

まとめ

2つの買取方法を比べてみてどうだったでしょうか。無店舗型買取の方が、メリットが多く便利なものでしたね。デメリットもありましたが、全て解決できます。また、関東以外にお住まいの方は店頭買取の方法を利用できないので、必然的にamazonギフト券買取サイトを利用することになります。おすすめのamazonギフト券買取サイトなら、こちらの記事でも確認できますよ!

おすすめのamazonギフト券高価買取サイト紹介

コメントを残す

*

おすすめのamazonギフト券高価買取サイトを紹介