amazonでamazonギフト券を自分で使うべき3つの利点

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
amazonギフト券自分で使う

amazonギフト券は自分で使うメリットあるの?amazonギフト券って人にプレゼントするものだと思ってた

amazonギフト券はプレゼントするだけのものではありません。自分で使っても得する利益が十分にギフト券にはあります。そんなギフト券を自分でも使ってみたいですよね。

しかし、相手にはギフト券をプレゼントしたことがあるけど自分で使うのは初めてといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。買って贈るのはいつも楽だから、友達の誕生日には選びに行くこともせずギフト券にしている。そういった方もいるでしょう。

この記事では、自分で使うときにどのような利点があるのか をお伝えしていきます。また、初めての方にわかりやすくギフト券のチャージ方法 ・支払い方法 の選択方法 を解説していきます。

1:amazonギフト券を自分で使うメリット

amazonギフト券は、1億種以上の商品数を誇るamazonで適用されない商品はないと言われます。なかには、「コンビニ支払いのみ可」や「クレジットカードのみ可」等の条件付きの商品が多く存在しています。しかし、amazonギフト券はそういった商品であっても利用が可能です。amazon内でなら、どんな商品にでも使える、という点だけが利点ではありません。amazonギフト券を自分で使う人はなにかメリットがなければ、ギフト券をわざわざ買ってまでamazonを利用しないでしょう。amazonギフト券は自分で使うメリットがあるギフト券なのです

まずは、どのようなメリットがあるのかを説明していきます。

1-1:代金引換手数料がかからない

amazonギフト券で注文をすると、コンビニに支払いに行かずとも商品が自宅に届きます。ネット1つで買い物が完結します。そしてなにより、手数料が一切かかることはありません。

amazonで買い物をするとき、コンビニに支払いに行くのが面倒くさくなり代金引換を選択したことがありませんか?代金引換には手数料が1回に324円かかります。少額ですが毎回支払うと大金になります。amazonギフト券はコンビニや店頭のあらゆる場所で販売されています。オンラインストア上でも購入ができます。ギフト券を有効活用して楽なショッピングをしましょう。

1-2:amazonギフト券でほとんどの商品が買える

冒頭でも軽く触れましたがamazonギフト券は全ての商品の支払いに適用されます。つまり、クレジットカード限定の商品もamazonギフト券があれば注文することが可能です。

  • クレジットカードを使うのに抵抗がある
  • クレジットカードを持てない未成年
  • レジットカードを持っていない

このような人たちには、amazonギフト券を使うと欲しいモノが買える利点があります。

1-3:無駄遣い防止

クレジットカードを使いamazonで買い物をしていた方は、クレジットカードでamazonギフト券を買うことをおすすめします。なぜなら、クレジットカードには使いすぎるといった欠点があります。月に使う金額を決めてその金額のギフト券を購入することで無駄遣いを100%防止することができます。クレジットカードがあれば、amazonで有意義に買い物ができることは確かです。そのクレジットカードでamazonを便利に利用しましょう。ちなみに、クレジットカードで買えるamazonギフト券には15円~50万円までの間を1円単位で購入することができるといった利点もあります。

2:自分で使うおすすめのギフト券タイプ

前の章で、自分で使う場合にもメリットがいくつかあることをお伝えしました。このメリットを理解したけど、ギフト券はいくつかタイプがあり、どのギフト券でも同じ使い方なのか気になりますよね。その種類にはプレゼント用のギフト券と自分で使うタイプのギフト券が存在します。

今回の章では、自分でギフト券を使う時におすすめするamazonギフト券のタイプを紹介します。極端にいうと、プレゼント用ギフト券も自分用として利用することができ、なにも使用は変わりません。ですが、自分で使うタイプのギフト券は、使いやすく簡単でおすすめです。

2-1:自分用のギフト券紹介

今回は4種類の自分用ギフト券を紹介します。自分用に特化しているのでとても簡単に使えます。中には、チャージタイプといって、自動でアカウントにチャージしてくれるタイプもあり便利です。このチャージタイプが自分で使うなら良いでしょう。

自分用で購入できるタイプには販売されている場所が異なってきます。オンラインストアで購入できるタイプはクレジットカードが必要な場合があります。クレジットカードをお持ちでない場合、コンビニや店頭で購入しなければなりません。

オンラインストアで購入ができる自分用ギフト券

  • Eメールタイプ
  • チャージタイプ

コンビニで購入できる自分用ギフト券

  • カードタイプ
  • シートタイプ

2つの販売場所、4つのタイプの自分用ギフト券を紹介していきます。

2-1-1:Eメールタイプ

amazonギフト券自分で使う

自分のEメールアドレスを指定することで、カードのような現物が届かず、自分宛にギフト券番号が送られてきます。プレゼント用で利用する場合は、相手のアドレスを入力するだけです。プレゼント用としても使えますが、自分用に購入されることが多いタイプのギフト券です。

  • 15円~50万円までの間を1円単位で指定可
  • クレジットカードでのみ購入可
  • 最短5分で届く
  • ギフト券番号が届く
  • 有効期限:1年間

2-1-2:チャージタイプ

amazonギフト券自分で使う

このタイプが1番自分用のギフト券に特化したタイプ です。サインインしてチャージタイプを購入することでアカウントに自動でチャージされます。自分でギフト券を使うなら、チャージタイプがおすすめです。アカウント登録がわからないとう方にもおすすめできます。

  • 15円~50万円までの間を1円単位で指定可
  • クレジットカード・コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーで購入可
  • 自動でアカウント登録(チャージ)
  • すぐにチャージされる(コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーの場合最大70分かかる)
  • 有効期限:1年間

2-1-3:カードタイプ

amazonギフト券自分で使う

コンビニでよく見かけるラックにぶら下がっているタイプのamazonギフト券が、カードタイプです。購入する金額は決められており、自分の欲しいものに合った金額のギフト券を持ってレジで支払います。カードの裏に記載されている、ギフト券番号をアカウント登録することで使えるよになります。

  • 3,000円 5,000円 10,000円 20,000円 の4種類から選択
  • 現金支払い
  • どこのコンビニにも売ってある
  • 有効期限:1年間

◎バリアブルカード

amazonギフト券自分で使う

コンビニや店頭で販売されている、カードタイプにも特殊な種類の「バリアブルカード」があります。カードタイプはギフト券の額面が決められていると説明しましたが。バリアブルカードは1円単位で指定ができるカードタイプです。レジで金額を伝えると、その金額に応じたギフト券になります。

  • 1,500円~50,000円の間を1円単位で指定可
  • 有効期限:1年間

2-1-4:シートタイプ

amazonギフト券自分で使う

コンビニで買えるタイプですが、ラックにぶら下がっていません。コンビニにある端末から発券してレジで支払うタイプです。コンビニにある端末とは、チケット等の購入をする端末のことです。ローソンで言うLoppiにあたります。シートタイプの最大の特徴は有効期限が3年間 といった点になります。amazonギフト券の全タイプの中で最長です。

  • 2,000円 3,000円 5,000円 10,000円 20,000円 25,000円の6種類から選択
  • 有効期限:3年間

2-2:自分用に買うとポイントがもらえるキャンペーン

自分用のギフト券を買うとamazonのポイントがもらえるといったキャンペーンが定期的にamazonで開催されます。キャンペーンを機に自分用にギフト券を買ってみるのもありです。

つい先日行われていたキャンペーンは、チャージタイプを買うとポイントが付与されるというキャンペーンでした。チャージタイプの購入金額によって、ポイントの付与率が変わるという仕組みです。今後キャンペーンに参加してポイントも獲得しましょう!

3:ギフト券をアカウントにチャージ(Eメールタイプ)

amazonギフト券を購入したけれど、アカウントにチャージをする方法がイマイチという方、今から手順を解説していきます。

自分のアドレスにギフト券が届きます

  • 購入金額・有効期限を確認
  • ギフト券番号をコピー
  • “アカウントに登録する”をクリック

amazonギフト券自分で使う

登録します

  • 先程コピーしたギフト券番号をテキストボックス内にペースト
  • “アカウントに登録する”をクリック

amazonギフト券自分で使う

チャージ完了

  • 金額がアカウントにチャージされたことを確認
  • 反映されているか確認する。“残高履歴を確認する”をクリック

amazonギフト券自分で使う

反映されているか確認

  • 日付・金額・有効期限を確認

アカウントにチャージが完了することができました。自分用のギフト券を選ぶことで簡単にチャージすることができます。チャージタイプだと購入するだけでいいということになります。

amazonギフト券自分で使う

4:ギフト券で早速買い物

さっきチャージしたamazonギフト券と前から残っていたギフト券を使い、早速買い物をしてみます。

今回はキーケースを購入

amazonギフト券自分で使う

商品詳細を確認

  • 金額・選択した商品に間違いがないか確認
  • “カートに入れる”をクリック

amazonギフト券自分で使う

“レジに進む”をクリック

amazonギフト券自分で使う

最終確認ページ

  • 住所・支払い方法・請求金額を確認
  • 間違いがなければ“注文を確定する”をクリック

amazonギフト券自分で使う

もし、支払い方法がギフト券払いになっていない時

  • 支払い方法の右にあった“変更”をクリック
  • 一番下にある、amazonギフト券にチェックを入れる

amazonギフト券自分で使う

これでギフト券を使い商品を購入する手順は完了になります。あとは指定した住所にキーケースが届くだけです。

まとめ

amazonギフト券は“ギフト”券となっていますが、自分で使うことでもメリットがたくさんあることを納得していただけたでしょうか。いままで、amazonギフト券を自分で使うことを避けてきた方はこの記事を読んで簡単で便利なものだと理解できたことでしょう。5分もかからずアカウントに登録することができます。ギフト券のタイプの選び方も重要になります。迷ったらまたこの記事を確認してください。早速、チャレンジしてみてください!

おすすめのamazonギフト券高価買取サイト紹介

コメントを残す

*

おすすめのamazonギフト券高価買取サイトを紹介