amazonギフト券Eメールタイプ購入が120%便利な5つの理由

  • 0
  • 0
  • 0
  • 62
  • 0
amazonギフト券eメールタイプ

よく目にするEメールタイプってなんだろうどんなメリットがあるのだろうか

オンラインストアのamazonギフト券を購入したことがない方は、全く想像ができないでしょう。クレジットカードをお持ちであれば絶対にEメールタイプを買うことをオススメします。なぜなら、ポイントがWで貯まることや最低金額15円から50万円の購入金額の幅があるEメールタイプは、多彩な使用方法があるからです。1円単位で金額指定することができるので使い勝手がとてもよく、自分用に購入するだけではなくプレゼント用であっても重宝されるタイプです。

今回はEメールタイプが選ばれる5つのメリットを紹介し、多彩な使用方法 を徹底解説していきます。また、Eメールタイプならではの問題 も解説します。読んだら120%Eメールタイプを購入したくなること間違いなし!

1:Eメールタイプとは?

amazonギフト券eメールタイプ

ではまず、基本情報です。Eメールタイプがどんなものか簡単に見てみましょう!

  • 販売場所:オンラインストアのみ
  • 購入金額:15円~50万円の間を1円単位で指定可
  • 支払い方法:クレジットカードのみ
  • 有効期限:1年
  • 送信予約設定がある(最長1年先まで)
  • デザイン:スタンダード・アニメーション・画像アップロード(合計137種の豊富なデザイン)

基本情報を見ただけでも、メリットがいくつか見えます。このメリットの多さがEメールタイプをおすすめする理由です。

1-1:5つのメリット

クレジットカードしか使えないという欠点がありますが、それを上回るメリットが5つあります。だからEメールタイプは人気があるのです。

  • Wでポイントが貯まる
  • 15円~50万円の購入金額
  • プレゼントでもデザインが豊富
  • 送信予約ができる
  • 無駄遣い防止

この5つが欠点を上回るメリットになります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1-1:Wでポイントが貯まる

クレジットカードでamazonギフト券を購入することでクレジットカードのポイントが貯まります。そしてamazonギフト券で買い物をすることでamazonポイントも貯めることができます。クレジットカードで直接買うより多くポイントを貯めることが可能になります。この点からEメールタイプを購入することをおすすめします。

ちなみに、、、

amazonクレジット を使うと購入金額の1.5%~2.0% のポイントが付きます。1,000円のamazonギフト券を購入すると、最大20P獲得することができます。Americanexpress等のカードでは100円で1P が一般的です。同じ1,000円のギフト券を購入した場合最大でも10Pが限界でしょう。

1-1-2:15円~50万円の購入可能金額

購入金額の幅がこれだけあるのはオンラインストアにあるamazonギフト券だけです。この間であれば1円単位で指定し購入することができます。amazonギフト券の残高が少額で欲しいモノに足りない時には、差額分をぴったり指定し、購入することが可能です。コンビニで販売されているバリアブルカードでは最低金額1,500円からと1,500円以上の差額である時しか活躍できませんでした。Eメールタイプは15円からと困ることはありません。

1-1-3: プレゼントでもデザインが豊富

もちろんプレゼントタイプとしてもEメールタイプは活躍します。「スタンダード」「アニメーション」「画像アップロード」といった3つのカテゴリに137種の豊富なデザインが揃えられています。中でも自分の持っている画像をアップロードして送ることができる「画像アップロード」はとても人気デザインのうちの一つです。この画像アップロードは他のamazonギフト券にはなく、Eメールタイプ限定のデザインです。

1-1-4:送信予約ができる

送信予約機能が付いていることで、相手の誕生日などに忘れずに届けることができます。最長1年先まで予約することができ、この場合の有効期限は購入時からではなく送信日から1年間という形になります。プレゼントの際に忘れないようにこの機能を使うと便利ですね。

1-1-5:無駄遣い防止

amazonで商品を購入するとき、支払いをクレジットカードで済ませている。このパターンの方はクレジットカードでEメールタイプを購入することをオススメします。クレジットカードは使いすぎるといった欠点があります。そこでEメールタイプのギフト券を一定金額購入することで上限を決めることができます。こういった点から、無駄遣い防止に役立つといったメリットがあります。

1-2:3つのデメリット

メリットが多くあることは理解できたでしょう。しかし、メリットだけがあるわけではありません。反対にデメリットも存在します。

  • amazon内でしか利用ができない
  • 限られた支払い方法
  • 届かないこともある

この3点がデメリットになります。それぞれ詳しく説明していきます。デメリットも必ずチェックしておきましょう。

1-2-1:amazon内でしか利用できない

amazonギフト券はamazon内での買い物にしか利用ができません。これはEメールタイプに限らず、amazonギフト券全てに言えることです。ですが、amazonは1億種以上の商品数を誇るネットショッピングと言われます。買えないものはほとんどなく、全商品にamazonギフト券は適用することができます。

1-2-2:限られた支払い方法

Eメールタイプはクレジットカードでしか購入ができません。クレジットカードを持っていない方は購入が不可になります。購入の最低条件がクレジットカードを持っていることです。

1-2-3:届かないことも…

プレゼントする際に、相手のアドレスを入力しなければならないEメールタイプ。アドレスの入力ミスで相手に届かないといった問題が起こります。送れているはずなのに届かないときは、「再送の手続き」をしなければなりません。迷惑メールが多く、見逃してしまうケースもよくあります。最近ではメールをしなくなり正確なアドレスを知らない場合が増えてきていることも原因の一つなのでしょう。

2:Eメールタイプを購入してみよう

オンラインストアでのみ販売されるEメールタイプは、amazonで販売される商品と同じような流れで購入ができます。購入から手元に届くまでに5分以内に完了します。オンラインストアで購入したことがなかった方も簡単購入できます。

2-1:購入手順

それでは実際にEメールタイプを購入してみます。今回は自分用に購入しました。

トップページから「Eメールタイプ」と検索

amazonギフト券eメールタイプ

Eメールタイプを選択

amazonギフト券eメールタイプ

タイプを選びます

amazonギフト券eメールタイプ

金額・受取人(送り先のアドレス)・贈り主・メッセージ・数量・送信日を入力し“レジに進む”をクリック

  • 金額指定したい場合、赤丸のテキストボックスに入力
  • 贈り主・メッセージは入力しなくても良い
  • 送信日を変更しなければ、“すぐに送信する”が自動的に選択される

amazonギフト券eメールタイプ

ここで一度サインイン

 ※最初にサインインをしていればこのページは出てきません

amazonギフト券eメールタイプ

支払い方法を選択し、“次に進む”をクリック

  Eメールタイプはクレジットカードのみ選択可能

amazonギフト券eメールタイプ

商品情報・住所・請求額に間違いがないかを確認し、“注文を確定する”をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

購入完了

amazonギフト券eメールタイプ

メールが届いたことを確認

  相手がギフト券をアカウント登録したとき、受け取り確認メールがきます。

amazonギフト券eメールタイプ

3:Eメールタイプを売る

購入するだけでなく、Eメールタイプを売ることができます。クレジットカードを使いEメールタイプを購入し、売ることで現金に変えることができます。売る理由は現金化ということです。しかし、ギフト券をどこで売れば良いのでしょうか。それはオークションサイトやギフト券を専門とした専門サイトに出品することで売ることができるのです。この章ではEメールタイプのギフト券を売ることができる2つのサイトを紹介し、手順を説明します。

3-1:オークションサイト

オークションサイトを利用したことがある方は多くいるでしょう。そのオークションサイトでamazonギフト券が取引されています。「ヤフオク」は大手のオークションサイトです。入札者も多くいるために多くのamazonギフト券が出回っています。Tポイントで購入することができるのもヤフオクの魅力です。そこで2章で購入したEメールタイプのamazonギフト券を実際にヤフオクに出品し、出品手順を解説していきます。

3-1-1:ヤフオクに出品

ヤフオクトップページの右の“出品”をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

amazonギフト券のカテゴリを選択し、“このカテゴリに出品”をクリック

  「チケット、金券、宿泊予約」→「ギフト券」→「一般商品券」がamazonギフト券のカテゴリです。

amazonギフト券eメールタイプ

必須項目13項目を入力

  1. タイトル
  2. 説明
  3. 販売形式
  4. 価格設定
  5. 個数
  6. 開催期間
  7. 決済方法
  8. 商品発送元
  9. 送料負担
  10. 配送方法
  11. 商品の状態
  12. 返品の可否
  13. 出品者情報

amazonギフト券eメールタイプ

画像・取引オプション設定

amazonギフト券eメールタイプamazonギフト券eメールタイプ

入力情報を確認後、“ガイドラインに同意して出品する”をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

出品完了

amazonギフト券eメールタイプ

3-1-2:注意点

  • 有効期限・金額・画像を必ず載せること

⇒この3点を必ず載せなければ入札されないでしょう。ネットで購入するにあたり商品情報が多い方が安心して購入ができます。タイトルなど目立つところに記載することをオススメします。

  • 出品者の評価

⇒悪い評価が多いと入札されるのは難しくなります。ネット上の取引相手の情報は評価しかありません。ですから、悪い評価が多いと別のオークションに入札してしまいます。いい評価がつくように心がけましょう。評価がよくない出品者は定価より額を落とすことで入札される可能性が上がります。

  • 儲け目的では落札されない

⇒オークションで出品されている多くの商品は元の価格より安く落札されます。もちろんamazonギフト券も同じです。定価より高く出品すると100%入札されることはないでしょう。入札する側は安くギフト券を手に入れるためにオークションサイトを利用しています。出品者は元の金額より低くても現金化する目的で出品しているということです。

3-2:専門サイト

amazonギフト券や他サイトのギフトを専門に売買しているサイトを専門サイトと呼びます。出品者は高換金率で売れるため最近利用者が増えてきました。専門に取り扱っているのでシンプルで使い安く見やすいのが魅力です。利用方法はオークション形式で、すべて即決価格になります。

ここで専門サイトの「アマオク」を紹介します。アマオクは専門サイトで大手と呼ばれるサイトです。こういった専門サイトは他にもいくつかありますが、ネット上の取引になるので大手のサイトであるアマオクを利用するほうが安心です。

3-2-1:アマオク

アマオクでも実際に出品してみます。

アマオクトップページ左の“出品”をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

必須5項目を入力し、“出品を確認する”をクリック

  • ギフト券番号
  • 額面
  • 販売価格
  • 販売率(販売価格を入力すると自動で入力されます)
  • 有効期限

amazonギフト券eメールタイプ

入力情報の確認、“出品する!“をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

出品完了

amazonギフト券eメールタイプ

3-2-2:注意点

  • 最低金額500円

⇒ヤフオクは15円からの出品が可能でしたが、アマオクなどの専門サイトは500円以上のギフト券のみ出品ができます。

  • 取引完了時手数料

⇒出品手数料は0円ですが、取引が成立したときに出品者は2.5%の手数料を支払わなければなりません。今回の場合450円で出品し、購入されると

450円×0.025(手数料)=11.25円 450円-12円(0.1の位繰り上げ)=438円

よって、手元には438円 が残ります。

  • 出金手数料

⇒出品したギフト券が売れると、アマオクにチャージがされます。そのチャージを出金するときに手数料が発生します。10万円以上だと0円なのですが、10万円未満だと250円取られます。専門サイトでは手数料は異なりますが、出品者には2種類の手数料が発生します。購入者側は一切手数料が発生しません。

4:Eメールタイプならではの2つの疑問

今回取り上げたEメールタイプだからこそ出てくる疑問が2つあります。

  • ギフト券が添付されたメールを紛失したらどうなるのか
  • 匿名でギフト券を送ることが出てくるのか

この2つの疑問は、他のタイプのamazonギフト券では出てこない疑問です。それぞれ疑問を解決していきましょう。

4-1:メールを削除してしまった時

迷惑メールと一緒に削除してしまったときや、ギフト券を登録せずにメールを放置していて、いざ使おうとしたときに紛失することがありますよね。そういった場合再送を申し込むことができます。申し込むには条件が2つであります。

  • 登録済みのギフト券ではないこと
  • 有効期限切れのギフト券ではないこと

新品の状態のギフト券であれば再送を申し込むことができます。

4-1-1:再送申し込み手順

条件を満たしていればすぐに再送の申し込みをしましょう。

トップページ右の“アカウントサービス”をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

“注文履歴”をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

”注文詳細をクリック

amazonギフト券eメールタイプ

“再送”をクリック

amazon-gift-email-type

“ギフト券を再送信”をクリック

amazon-gift-email-type

これで再送信完了です。

amazonギフト券eメールタイプ

4-2:匿名でプレゼントしたい時

Eメールタイプのギフト券を送るとき名前を必ず入れなければならないのか。その答えは、“入れなくても良い” です。匿名希望をする場合には、贈り主の欄に「匿名希望」と入力しましょう。もちろん自分宛に送るとき同様に何も書く必要はありません。相手にはメールアドレスも記載されません。完全に匿名で送ることができます。何も書かずに贈るときは、失礼にあたるのでメッセージを添えてあげましょう。

まとめ

amazonギフト券はいくつかのタイプが存在します。その中で「Eメールタイプ」を紹介しました。Eメールタイプを利用するメリット・デメリットは理解できたでしょうか?これだけのメリットは他のamazonギフト券には絶対にありません。購入手順も2章で説明しているので参考にしながら、早速購入してみましょう♪♪

おすすめのamazonギフト券高価買取サイト紹介

コメントを残す

*

おすすめのamazonギフト券高価買取サイトを紹介